2019年版・雑誌を無料ダウンロードできるサイト11選!違法でなく安心安全に読めるサイトは?

ふわわ

こんにちは!IT大好きFwww(ふわわ)です!
今日は「雑誌を無料ダウンロードできるサイト」について説明します!

リスス

「雑誌を読みたい」「でも、できればお金を払いたくない」ということは、誰でもありますよね。毎月読むような雑誌ならお金を払うべきですが、「この号のこの記事を読みたいだけ」という場合、何とか無料で読む方法はないか、と考えるでしょう。

ここでは、そのようなときに多くの人がアクセスしている「最新を無料ダウンロードできるサイト」を紹介します。最初に書くと、これらのサイトはすべて違法であり、特にダウンロードをすると読む側も有罪になります。

そのため、当記事で紹介するサイトをおすすめするわけではありません。1カ月だけ無料で読むなら、最後に紹介する「FODプレミアム」などの正規のサービスで、問題なくできます。

そのように安全な正規サイトで雑誌を読む意義を実感していただくため、ここでは雑誌を無料でダウンロードできる違法サイトの実情を紹介していきます。

雑誌を無料ダウンロードできるサイト・11選

まず、「雑誌を無料でダウンロードできる」として人気の11サイトを紹介します。すべて違法サイトであり、当記事では閲覧を推奨していないことをご理解いただいた上で、読んでいただければと思います。

13DL.NET

13dl

「13DL.NET」は、もともと「漫画村の代わり」として人気を集めました。『ジャンプ』などの人気雑誌がアップされているため、それを目当てにアクセスする人が多かったのです。

しかし、今では漫画雑誌にとどまらず「全ジャンルの雑誌の無料ダウンロードで、最強のサイト」と評されています。

「13DL.NET」の特徴

同サイトの特徴は下記の通りです。

  • ほとんどの雑誌が即日アップされる
  • 主要ジャンルがほぼ網羅されている
  • ビジネス・スポーツなどのカテゴリ別の検索もしやすい
  • 複数の海外アップローダー(簡単にいうとサーバー)を使用しているため、リンク切れがない
  • ダウンロード形式は「.rar」

違法サイトなので決して「良い点」ではありませんが、こうしたサイトを好む人の間では、上記の点が評価されているということです。

主要ジャンルとは?

具体的には下のようなものです。

  • 漫画
  • スポーツ・アウトドア
  • ファッション
  • ビジネス・経済
  • 車・乗り物
  • PC・ガジェット
  • アウトドア
  • 語学

このように、ほとんどの日本人が読みたいと思う雑誌のジャンルが網羅されています。

●「13DL.NET」のURL
https://13dl.net/

しょぼんBOOKS

しょぼんブックス

「しょぼんBOOKS」は、掲示板形式になっているのが特徴。上の画像の通り「タイトルが文字で一覧」になっています。

「13DL.NET」のように「サムネイル画像がついている」方が見やすいという人もいるでしょう。しかし、文字だけの方が「表示が早い」「1画面で多くのタイトルが表示される」という点で、こちらを見やすいとする人もいます。

アップ速度も「13DL.NET」に次いで早いとされ、ファイルへのリンクも5つほどあるため、アクセスしやすくなっています。

「しょぼんBOOKS」が使っているアップローダー

「しょぼんBOOKS」が使用している5つのアップローダーは、下のものです。

  • Zippyshare.com
  • Uploaded.net
  • Alfafile.net
  • Rapidgator.net
  • Salefiles.com

特に速度が早いとされているのは、一番上の「Zippyshare」です。

●「しょぼんBOOKS」のURL
https://rawmangazip.com/forum.php

JpFiles

JpFile

「JpFiles」は、雑誌だけでなく音楽・映画・アニメなどのコンテンツもダウンロードできることで評判です。雑誌専門ではないものの、多くの雑誌が発売日当日にアップされており、こうしたサイトを好む人の間で人気です。

映像についてはDVDからリッピングしたと思われるものもあり、他のサイトと比較しても特に違法性が高いと考えられます。

リッピングとは?

簡単にいうと「データの抜き出し」です。

音楽CDから、音楽データを取り出すこと。リッピングした音楽データはWAV形式やMP3形式で保存できる。リッピングを行うためのアプリケーションは、リッパーソフトと呼ぶ。
コトバンク「リッピング」

雑誌のダウンロード方法

「JpFiles」は、ダウンロード方法がわかりづらいとされますが、下の手順でDLできます。

  1. タイトル下にあるダウンロード表記の下「Spoiler」を開く
  2. 表示されるリンク先からダウンロードする

要は、最初の「Spoiler」さえわかれば後は簡単ということです。

広告が多く使いにくい

「JpFiles」は、ポップアップ広告が非常に多く登場します。使いづらい上にセキュリティのリスクもあるため、おすすめはできません。そもそも違法サイトなので最初からおすすめできないのですが、中でも特に質が低いということです。

サイトのレイアウトについても、13DL.NETなどと違いわかりづらいのがデメリットです。

●「JpFiles」のURL
https://jpfiles.eu/

Book Share Zip

BSジップ

「Book Share Zip」は、漫画をメインとしてオールジャンルの雑誌を取り扱っている違法サイトです。同サイトの特徴は下記のようになります。

  • レイアウトが使いやすい
  • ポップアップ広告がない
  • 静止広告もほとんど目立たない
  • 発売日即日にアップされない雑誌もある
  • 外部サーバーへのリンク先も少ない

特に最後の2つのデメリットで、ここまで紹介した3サイトよりは劣るという声が多くあります。しかし、広告に邪魔されない見やすさについては評価されています。

●「Book Share Zip」のURL
https://bszip.com/

Magazines-Pdf.com

magazines-pdf

名前通り「雑誌をPDFにして配信している違法サイト」です。上の画像のとおり海外の雑誌がメインですが、中に「Japan+18」というカテゴリがあります。

カテゴリ名の通り「日本の18禁雑誌」ということで、男性向けの漫画雑誌や週刊誌などがあります。「18over」という表記ではありますが、そこまでヘビーなものはなく、下のような雑誌がアップされています。

  • ヤングマガジン
  • プレイボーイ
  • FLASH
  • スピリッツ
  • SPA!

イタリアからのアクセスが全体の35%で、日本は15%程度となっています。ここから単純計算すると「6分の1は日本人が求める雑誌がある」と思ってください。

(もちろん、日本在住の外国人もある程度アクセスしているでしょうが)

雑誌は「ダウンロード」でないと読めないので完全違法

「Magazines-Pdf」では、下の方法で雑誌を読みます。

  1. 読みたい雑誌をクリック
  2. DLページになる
  3. 「Download Novafile」をクリック
  4. 海外サーバー(アップローダー)に切り替わる
  5. 雑誌のPDFがダウンロードされる

このように「必ずダウンロードによって読む」仕組みとなっています。違法にアップロードされたコンテンツは、ダウンロードする側も犯罪なので、このサイトでPDFを落とすことは犯罪です。

「犯罪以外の方法では読めないサイト」ということなので、このサイトは「違法ダウンロードの実情を知る」という目的以外ではアクセスしないようにしてください。

(間違ってダウンロードする方が出ないよう、警告するページを検索結果に増やす必要があるため、ここでも紹介しています)

なお、現時点ではウィルス感染の危険はないとされます。

●「Magazine-Pdf」のURL
https://magazines-pdf.com/

PDF Magazine Download

PDF Magazine Download

2015年7月に運営を開始した老舗サイトで、月間150万アクセスを誇ります。「Magazine-Pdf」と同様に海外向けのサイトで、特にイギリスとアメリカからの閲覧が多いのが特徴です。

日本の雑誌も相当な数アップされているのですが、日本での知名度は低いといえます。

雑誌のダウンロード方法

「PDF Magazine Download」では、下のような手順で雑誌をダウンロードする仕組みになっています(※DLは違法なので、あくまで海賊版サイトの研究のための知識として参考にしてください)

  • サイト上部「CATEGORIES」をクリック
  • ジャンルが一覧で表示される
  • その中の「Japan」をクリック

これで日本の雑誌が表示されます。なお、言語を英語から日本語に切り替えたい場合は「LANGUAGE」で「Japanese」を選択してください。

雑誌の検索方法

「PDF Magazine Download」も一般のサイトと同じく、検索ボックスからサイト内検索をできます。しかし、これはすべて「英語のみ」となっています。

たとえば、『ヤングジャンプ』を見たいときに、そのまま日本語で検索しても出ません。「Young Jump」というように、英語で入力する必要があります。

どんな作品がアップされている?

下記のように、主要な週刊誌が一通りアップロードされています。

  • 週刊プレイボーイ
  • FLASH(フラッシュ)
  • FRIDAY(フライデー)
  • SPA!
  • 週刊大衆

また、『ヤング系』の漫画雑誌も、下のように多くアップされています。

  • ヤングジャンプ
  • ヤングマガジン
  • ヤングアニマル
  • ヤングチャンピオン
  • ヤングガンガン

「Magzines-Pdf」と同じく「大人の男性向けの雑誌が多い」と言っていいでしょう。

●「PDF Magazine Download」のURL
https://pdf-magazines-download.com/

MAGAZINE LIB

MAGAZINE LIB

「MAGAZINE LIB」の特徴は、他のサイトと違い「ダウンロードせずに雑誌を読める」ということ。法的にはダウンロードしなければ犯罪になることはないので、その点で「他のサイトよりは安心」といえます。

しかし、違法サイトという点に違いはありません。違法である以上「何らかの形でウィルスなどに感染するリスクがゼロではない」といえます。少なくとも、普通のまともなサイトよりは圧倒的似リスクが高くなるでしょう。

このため、他のサイト同様に「MAGAZINE LIB」についても、閲覧は推奨しません。ただ、違法サイトを好む人の間では、上記の理由から人気があります。

雑誌の読み方

「MAGAZINE LIB」で雑誌を読む手順は下記の通りです。

  • トップページ最下段に移動
  • 「MAGAZINE FROM」の部分で「Japan」を選択

こうすると、日本の雑誌が表示されます。ラインナップの一部をあげると下のようなものがあります。

  • サイゾー
  • 週刊東洋経済
  • ランニングスタイル
  • フリック(flick)

漫画系もありますが、『ヤングガンガン』や『ヤングマガジン』など、他のサイトと比較すると少数です。

「MAGAZINE LIB」のURL
https://magazinelib.com/

emagazinePDF

emagazinPDF

ここまで紹介してきたサイトと異なり、デザインが洗練されているのが「emagazinPDF」の特徴です。2016年から運営されているやや歴史の浅いサイトですが、この数年で人気が急上昇しています。

アクセス数は月間150万PVほどで、イギリス・アメリカでの人気が中心となっています。日本ではまだマイナーなサイトです。

雑誌の見方

「emagazinPDF」での雑誌の読み方は下記の通りです。

  • サイト上部のメニュー「J」を選択
  • 候補の中に「JAPAN」が出てくる
  • クリックすると、にほんの 雑誌が出てくる

日本の雑誌のラインナップは下のようなものです。

  • AERA
  • VOGUE
  • ディスカバー・ジャパン
  • マックファン

こうした一般雑誌に加え、下のような漫画雑誌もあります。

  • 少年チャンピオン
  • アフタヌーン
  • EKiss
  • まんがぱれっと

特にマンガ雑誌は他の海外系の違法サイトとは異なるラインナップになっているのが特徴です。

ファイル形式と解凍方法

「emagazinPDF」では、雑誌をダウンロードしてみる形式になっています(繰り返しますが、ダウンロードした時点で犯罪です)。

ダウンロードすると、ファイル名が「.zip」か「.cbr」となっているはずです。どちらの拡張子でも「WinRAR」という無料ソフト(フリーソフト)で解凍できます。

ZIPファイルやCBRファイルを開くのに有料ソフトを使う必要はないので、間違って有料をソフトに誘導されないように注意してください。

●「emagazinPDF」のURL
https://freemagazinepdf.com/

PDF giant

PDF giant

2011年に運営を開始した老舗サイトです。上の画像を見てもわかるように、成人向けの雑誌が多くアップロードされているのが特徴です。

欧米圏で人気があり、アメリカ・イギリス・イタリア・スペインなどの各国からアクセスが集まっています。月間アクセス数は190万程度で、海賊版サイトとしては中程度の人気です。

日本語雑誌の探し方

日本語の雑誌は下の手順で探せます。

  • メニューバーの「Choose」をクリック
  • 選択肢の中の「Japanese」をクリック

これで日本の雑誌を閲覧できます。アップロードされている雑誌は下のようなものです。

  • ヤングマガジン
  • フライデー
  • プレイボーイ
  • フラッシュ
  • GQ Japan
  • ヤングアニマル

当記事で紹介している他の海外サイトと同程度のラインナップなので、特にこのサイト(PDF giant)にこだわる必要はないかと思います。あくまで「他のサイトが重かったとき」などに使用するサイトといえるでしょう。

●PDF giant
https://pdf-giant.com/

Magazine PDF

Magazine PDF
「Magazines-Pdf」と名前がよく似ていますが、「s」が入るかどうか、「PDF」がすべて大文字かどうかという違いがあります。2015年9月に運営w開始したサイトで、アクセス数は月20万PV程度と、海賊版サイトにしては小さめです。

日本の雑誌では、下のようなものがアップロードされています。

  • ヤングマガジン
  • プレイボーイ
  • SPA!
  • FLASH

その他、自動車系の雑誌などもありますが、他のサイトと比べて大きな特徴はありません。そのため、あくまで他サイトのサーバーが重いときなどに、補助的に使うユーザーが多いようです。

「Magazine PDF」のURL
https://magazine-pdf.org/

FreeMags.cc

接続危険の表示

結論をいうと、このサイト「FreeMags.cc」へのアクセスはおすすめしません。上の画像の通り「この接続ではプライバシーが保護されません」という警告が出ます。

以前はマイナー雑誌に強かった

現在では閲覧非推奨ですが、以前はマイナーな雑誌を多く見られることで、一部の日本人ユーザーから好評を博していました。

  • 趣味の文具箱
  • 会社四季報
  • Begin
  • HiVi
  • ケトル

上記のような雑誌です。『会社四季報』は聞いたことがあっても、その他の雑誌は知らないという人が多いでしょう。

海賊版なので閲覧できないことが正しいのですが、こうした海賊版サイトを好む人々の間では、上記のようなマイナー雑誌がアップロードされている点が評価されていました。

●「FreeMags.cc」のURL
https://en.freemags.cc/

雑誌『iP!』で紹介された違法サイトとは?

晋遊舎が発行していた雑誌『iP!』は2018年2月号が最終号となりました。その最終号で「最凶無法サイトランキングTOP15 動画/漫画/音楽…」と銘打った踏襲をしていたため、どんなサイトが紹介されていたのか、気になる人も多いようです。

これはもちろん、内容が内容だけに公式サイトはもちろん、Amazonのレビューなどでも書かれていません。ただ、Amazonのレビューを見る限りは「無難すぎる」内容のようです。

Windows100%に続きこちらも廃刊。
前回に引き続き全く持って無難な内容。
袋とじもなぜ袋とじにしたんだろうという内容です。
DVDにはなぜか創刊号のPDFがついています。
カスタマーレビュー「いきなりの最終号」(Amazon)

信頼性のある雑誌である以上は当然ですが、こうしたレビューからも「特に真新しいサイトは紹介されていない」と判断していいでしょう。

雑誌を無料で安全に読めるサイトなら「FODプレミアム」がおすすめ

FODプレミアム

「雑誌を無料でダウンロードできるサイト」は、いずれも違法かつ危険なもの。有罪になるリスクやウィルスに感染するリスクなどを考えると、安全な正規サイトを使うべきといえるでしょう。

正規のサイトでも、フジテレビが運営する「FODプレミアム」なら、雑誌を1ヶ月無料で読めます。FODプレミアムの特徴は下記の通りです。

  • 国内の人気雑誌のほとんどを読める
  • ドラマ・映画・アニメ・バラエティなどの映像も見放題(対象作品)
  • 月額は888円(税抜)と格安

特に2019年7月末現在、Amazonアカウントから「Amazon Pay」で登録すると、初回1カ月無料というサービスが展開されています。期間限定とは書かれていないので、今後も長く続く可能性がありますが、早めに申し込む方が確実に利用できるでしょう。

最初の1カ月で解約すれば、費用は一切発生しません。Amazonのアカウントを持っている方は、一度お気軽に試してみてください。

まとめ

電子書籍

雑誌の無料ダウンロードは、記事中に書いてきた通り犯罪となります。ストリーミングで見られるサイトもありますが、そのようなサイトでも利用すべきではありません。

犯罪をおかしたり、ウィルスに感染したりするリスクを避けるためにも、FODプレミアムのような安心できるサイトを使うようにしてください。

雑誌を無料ダウンロードできるサイトについて知りたいことがあれば、お気軽にご質問ください!

ハムム

コメント欄から書き込んでいただければと思います。
数日時間をいただきますが、解説が必要な内容は記事にする形でお答えさせていただきます。

ふわわ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です