PS4のWiFiの速度が遅い&繋がらない!7つの対処法や5G接続方法を解説!

ふわわ

こんにちは!IT大好きFwww(ふわわ)です!
今日は「PS4のWiFi」について解説していきます!

ハムム

ゲーム機はプレステ派の僕ですが、PS4ももちろんプレイしています。そして、PS4のネットはWiFiでつないでいるのですが、その速度が遅かったり接続自体できなかったりして悩んだことが、多くありました。

この記事では、そんな僕の経験をもとに「PS4のWiFi」について、あらゆる角度からまとめていきます。「PS4のWiFiが遅い」「つながらない!」などの悩みを持っている人には、きっと参考にしていただけるでしょう。

この記事の要点
  • 速度が遅い原因は4つある
  • 繋がらないときの解決策は7つある
  • PS4のWiFi規格は、11ad以外全部対応
  • 5Gは、対応機種なら接続可能
  • パスワードはルーターのラベルなどで確認
  • WiFi速度はPS4のメニューから測定できる
  • PS4でWiFiを快適に使うなら、ネット環境の改善が最も有効
  • 対応エリアであれば、NURO光が一番おすすめ
  • NURO光の対応エリアでなければ、SoftBank Airがおすすめ

目次

PS4のWiFiが遅い原因は?4つのパターンを解説

ゲームをする女性

PS4のWiFiが遅い原因は、主に下の4つが考えられます。

以下、それぞれの原因について解説していきます。

回線がもともと遅い

当然ながら、もともと低速の回線を使っていれば、PS4のWiFiも遅くなります。以前速い回線を使っていたら、切り替えた当初は「遅い」と感じるでしょう。

具体的には、5G対応のPS4から5Gに対応していないPS4に切り替えた場合、遅くなることがほとんどです。

電波が悪い場所で使っている

Wi-Fiルーター

「電波が悪ければWiFiの接続が遅くなる」というのは、どんな端末でも共通です。PS4に限らず、スマホやタブレット、ノートパソコンなどでも共通します。

高速回線は電波が悪くなりやすい

実は、5Gなどの高速回線は電波が悪くなりやすいものです。理由は下の通りです。

  • 高速なのは「直進する」からである
  • 直進するということは、障害物に弱い

このことは、下の説明でわかります。

電波の直進性が極超短波より高まることから、携帯電話基地局の影では電波が届きにくくなり、多数の携帯電話小型基地局(マイクロセル)を数十メートル単位で設置する必要がある。
Wikipedia「第5世代移動通信システム」

上の説明にも書かれているとおり、障害物を避けられるほど「たくさんの基地局がある」ならいいのですが、そうでなければ、5Gは逆に回線が遅くなることもあるのです。

このような原因も含めて「電波が悪い」と、PS4のWiFiも遅くなります。

回線が混雑している

これは携帯のネットでも同じなので、誰もが理解できるでしょう。特に多くの人がPS4を使う時間帯や曜日は、混雑しやすくなります。

PSNでメンテナンス・障害が発生している

プレイステーションネットワーク画像引用元:PlayStation Network

PSNとは「プレイステーション・ネットワーク」の略です。PS4のWiFiを使うとき、利用するサービスのほとんどはこのPSNにアクセスします。

しかし、このネットワークでメンテナンスをしていたり、障害が発生しているなどのケースでは、接続速度も遅くなります。メンテナンスや障害の情報は、下記のように各ゲームの公式アカウントなどがツイートしています。

(PlayStationの公式Twitterでは、あまりツイートしていないようです)

PS4のWiFiが繋がらないときの7つの対処法

「PS4がWiFiにつながらない!」と困っている人もいるでしょう。ここでは、そのような場合の対策を7つ紹介します。

再起動する(PS4・ルーター・モデム)

モデム

一番メジャーな対処法は「再起動」です。下のそれぞれの機械を再起動します。

  • PS4
  • ルーター(WiFiの電波の送受信機)
  • モデム(自宅にネット回線を引く装置)

再起動する順番も上の通りです(PS4から)。

WiFiなのに「モデム」がある?

これは、ない場合もあります。たとえば、WiFiルーターが「SoftBank Air」だったら、モデムはありません。そもそものネット電波を、SoftBank Airのルーターが「無線で拾う」からです。

しかし、普通の「自宅のネット」はこのパターンではありません。下のようなパターンです。

  • 大元の回線は「有線」で引く
  • その回線に「WiFiルーター」を接続する
  • そこから「自宅内限定」のWiFi電波を飛ばす
  • それをPS4やスマホでキャッチする

この方が合理的というのはわかるでしょう。大元のネットまで無線で拾っていると、速度が常に遅い、あるいは不安定になるためです。

そのため、大元の回線は一般的に「有線」で拾います。その有線で拾うための機械が「モデム」です。

つまり、一般的な接続パターンでは「有線モデム→WiFiルーター→PS4」という順番で、ネットがつながっているのです。有線モデムの向こうにあるのは、フレッツ光などのプロバイダ(ネット環境を提供する会社)です。

ふわわ

…というのがモデムとルーターの違いですが、何はともあれこれらを順番に再起動していきます。

同時に接続する端末を減らす

端末

自宅用のWi-Fiルーターでも、持ち運ぶモバイルWi-Fiルーターでも、いくつかの端末を同時に接続できます。たとえば「スマホ・タブレット・PS4」の3台を同時につなぐこともできるのです。

同時接続可能数をオーバーしたら、どれかが弾かれる

ほとんどのルーターでは、同時接続可能数に制限があります。この数をオーバーしたら、どれかが「接続できなくなる」のです。最低は、最後に接続しようとしたものが、接続不可となります。

このため、特にPS4だけでなく、スマホやタブレットでもWiFiを使っているという人は、これらの端末のWiFi接続を一時カットしてください。

電波を切り替える(2.4GHzか5GHz)

多くのWiFiルーターは、2種類の電波を持っています。2.4GHzか、5GHzです。いわゆる「2.4G」か「5G」です。

これのどちらがPS4に接続しやすいかは、状況によります。

  • 周囲の電波の状況
  • PS4が対応している電波の種類

主にこの2つによって、PS4がWiFiに繋がるか、繋がらないかが分かれることが多いのです。特に後者は、5Gに対応していないPS4で接続しようとしても、できません。

このため、今の電波で繋がらないのであれば、「もう片方の電波に切り替え」してみましょう。

設置場所を変える

WiFiルーターとPS4の間に障害物があると、WiFiの電波が届かないことがあります。そのため、下のような対処をします。

  • 間に障害物があればどける
  • 両者の距離を縮める(すぐ隣がベスト)
  • 電子レンジなど、電波を発する家電を離す

障害物や距離についてはわかりやすい原因ですが、わかりにくい原因が「電子レンジなど」です。近くにこのような家電がある場合は、その家電から離れた場所にPS4・Wi-Fiルーターを多くようにしてください。

ハムム

特にルーターの近くに電子レンジがあると、PS4以外のすべての端末(スマホなど)が繋がりにくくなるので、要注意です。

LANケーブルを交換する

ケーブル

自宅に有線のインターネットを引いている人の場合、その有線のモデムと、Wi-Fiルーターを接続しているはずです。そして、その接続にLANケーブルを使っているでしょう。

そのLANケーブルに下のような問題が起きている可能性があります。

  • ケーブルが内部で断線している
  • 買ってきたケーブルの規格(バージョン)がおかしい

「断線していたらネットが使えない」のはわかるかと思います。有線モデムからWiFiルーターに対して「ネット環境が届かない」状態なので、その先にあるPS4にも、ネット環境(電波)が届かないのです。

「ケーブルの規格がおかしい」とは?

買ってきたばかりの場合、断線していることはまずありません。この場合、LANケーブルのバージョン(規格)が間違っている可能性があります。

具体的には「新しすぎる・古すぎる」のどちらかです。何と比べて「新しい・古い」かというと、モデムやWiFiルーターです。これらとバージョンを合わせなければ、LANケーブルは機能しません。

ちなみに、2019年9月時点では「7A」というバージョンが、LANケーブルの最速のものです。モデムやWi-Fiルーターが新しいものであれば、7Aは大抵対応していると考えていいでしょう。

無線LANルーターを交換する

無線LANルーター(Wi-Fiルーター)を交換すべきケースもあります。これは、PS4のWiFiバージョンと、そのルーターのWiFiバージョンが合っていないという場合です。

WiFiのバージョンは、正式には「規格」といいます。これは後ほど詳しく説明しますが、WiFiの規格には下の6種類があります。

  • IEEE802.11ad
  • IEEE802.11ac
  • IEEE802.11n
  • IEEE802.11a
  • IEEE802.11g
  • IEEE802.11b

この規格が、ルーターとPS4で一致していなければ接続できないのです。そのため「どちらかを買い換える」ことになります。

値段が安いのは大抵Wi-Fiルーターの方なので、そちらを買い替える(交換する)ことになります。

高速なネット回線に切り替える

そもそものネット回線が低速な場合、PS4のWiFiが「繋がらない」と感じることもあります。正確には繋がってはいるものの、動作が遅すぎて事実上プレイできないという状態です。

ゲームはYouTube動画などよりも遥かに大きなデータを処理するため、このようなこともしばしば起こります。特にWiFiは有線よりも速度が遅くなるため、大元の回線も相当に早くなければならないのです。

このため、今の回線がADSLなどの低速な回線であれば、光ファイバーなどの高速回線に切り替える必要があります。

PS4のWiFiで5Gに接続する方法

5G

「PS4で5Gに接続したい」「5Gというものにつなげるらしいが、そもそも5Gとは何かよくわからない」という人もいるでしょう。こうした人のために、ここでは5Gの概要や、PS4で接続する方法について説明していきます。

5Gとは

5Gは簡単にいうと「高速回線」です。まず、エレコム公式サイトの説明を引用します。

<短所>
・2.4GHzと比較して壁や床などの障害物に弱く、通信距離が長くなると電波が弱くなります。
・旧世代のWi-Fi端末の場合、5GHzに対応していない場合があります。

<長所>
・基本的にルーター以外で使用されない帯域なので、非常に繋がりやすく安定 しています。
・2.4GHzと比較して、より高速な通信が可能です。
2.4GHzと5GHzの違いについて | エレコム公式サイト

要約すると障害物に弱いものの、高速な回線ということです。「高性能なものはデリケート」というのは、他の分野でもよく見られる傾向ですが、5G回線も同じだといえるでしょう。

対応型番のPS4なら5GHz帯につなげられる

下の型番のPS4は、5GのWi-Fiに接続できます。これもエレコムの公式サイトから引用します。

お使いのPlayStation4により、5GHz帯に対応するものがございます。
5GHz帯のSSIDに対応する製品型番は以下となります。

・CUH-2000AB01
・CUH-2000BB01
・CUH-7000BB01
PlayStation4(PS4)インターネット接続方法 | エレコム

3つとも「CUH」なので、まずはこの頭文字3文字をチェックしましょう。

PS4のWiFi速度~調べ方・必要目安・上げ方~

WiFi

PS4に限らず、WiFiで何かの端末を利用するときには、その速度が気になるもの。ここではPS4のWiFi速度の調べ方や、必要速度の目安などを解説していきます。

測定方法…PS4のホーム画面から可能

PS4のWiFi接続の速度は、PS4の本体・ホーム画面から簡単にできます。手順は下の通りです。

  1. ホーム画面右上「設定」を選ぶ
  2. 「ネットワーク」を選ぶ
  3. 「インターネット接続を診断する」を選ぶ

この手順で、速度が表示されます。表示される速度は下の2種類です。

  • 通信速度(ダウンロード)
  • 通信速度(アップロード)

いわゆる「下り・上り」の速度です。大抵は下り(ダウンロード)の方が早く、上り(アップロード)の方が遅くなります。

ここで表示される速度が早いか遅いかは、次の段落の「必要速度の目安」と比較して判断しましょう。

必要な通信速度の目安

必要な速度は、ゲームのジャンル・プレイスタイルによって異なります。具体的には下の通りです。

ゲームの種類 必要速度の目安
通常ゲーム 5Mbps~10Mbps
対戦ゲーム 10Mbps~30Mbps
シェアプレイ 2Mbps~
PlayStation Now 5Mbps~

速度はいずれも「ダウンロード・アップロードともに必要なもの」です。普通のネットを使う作業なら「アップロードが遅くてもいい」のですが、ゲームでは「こちらの情報を送らなければいけない」ため、アップロードも早くないといけないのです。

速度を上げる5つのやり方

PS4のWiFi速度を上げるには、下の5つの方法が有効です。

  • ルーターとPS4を再起動する
  • PS4を有線接続する(WiFiではなくなりますが)
  • LANケーブルを交換する
  • DNSの設定をする
  • 混雑する時間帯を避ける

ほとんどは「繋がらない」の段落で説明した内容と同じです。DNS設定は、プライマリとセカンダリをそれぞれ下のように指定します。

プライマリDNS 8.8.8.8
セカンダリDNS 8.8.4.4

DNS設定の仕組みを詳しく書くと非常に長くなるため、ここでは割愛させていただきます。

PS4のWiFiの規格は?

WiFi

WiFiについて一定以上の知識がある人は、PS4での「規格」が気になるでしょう。ここでは、PS4のWiFiの規格について説明していきます。

結論…11ad以外は全規格対応

全機種を総合すると、PS4は下の5種類のWiFi規格に対応しています。

  • IEEE802.11ac
  • IEEE802.11n
  • IEEE802.11a
  • IEEE802.11g
  • IEEE802.11b

最速な「IEEE802.11ad」のみ未対応という状況です。

機種ごとの一覧

「CUH-1000」と「CUH-1200」は、下の3種類です。

  • IEEE802.11b
  • IEEE802.11g
  • IEEE802.11n

そして「CUH-2000以降」は、下の5種類です。

  • IEEE802.11ac
  • IEEE802.11n
  • IEEE802.11a
  • IEEE802.11g
  • IEEE802.11b

ティラティラ

思い切り簡単に書くと、下のようになります。
旧型PS4 b・g・n
新型PS4 ac・n・a・g・b

ふわわ

これだけだと意味がわからない人が多いと思うので、基本的な知識も合わせて説明していきます。

(なお、ここまでのデータはWikipedia「PlayStation 4」の、下の記述を参考にしています)

IEEE 802.11 b/g/n(CUH-1000/1200)
IEEE 802.11 a/b/g/n/ac(CUH-2000以降)[3] Wikipedia「PlayStation 4」

そもそもWi-Fiの規格とは?

Wi-Fiの規格とは「Wi-Fiのネットワークの種類」です。PS4やiPhoneなどの端末も、電波を送受信するルーターも、「どの種類のネットワークに参加するか」を決めます。

基本的に流行っているネットワーク、高速なネットワークに参加するほど有利になります。

日本のWiFi規格・6種類

日本では下の6つの規格があります。

・11ad
・11ac
・11n
・11a
・11g
・11b

ハムム

全部、先頭が「11」?
はい。なので、11を省くとこうなります。↓

ふわわ

・ad
・ac
・n
・a
・g
・b

専門家は、6種類をこうやってアルファベットだけで呼んでいる可能性があります(状況によりますが)。ただ、一般人にはこれだと逆にわかりづらいため「11」をつけるのが普通です。

なお、正式名称は下記のようになります。先頭に「IEEE802.」が付きます。

  • IEEE802.11ad
  • IEEE802.11ac
  • IEEE802.11n
  • IEEE802.11a
  • IEEE802.11g
  • IEEE802.11b

PS4が対応していない、最速のWiFi規格「11ad」は、ほとんどのゲーム機が対応していません。「高速パソコン」で「オンラインゲームをする人」の「ごく一部」が使っているのみです。

これは下の記述を見てもわかります。

現在のところ(少なくとも日本では)11ad対応のクライアント製品はなく,またNETGEARとしてもUSB接続型子機のようなものを投入する計画もないが,「2017年の後半には,(ノートPCやスマートフォン,タブレット端末といった)11ad対応クライアントが出てくると考えている」(Lo氏)とのことだ。
NETGEAR,国内初と謳う11ad対応のゲーマー向け無線LANルーター「Nighthawk X10 R9000」を発表。11ac Wave2対応のエクステンダも(4Gamer.net)

PS4のWiFi、パスワードの確認方法は?

PS4でWi-Fiを使うということは「Wi-Fiルーター」にPS4を接続するということです。ルーターは「ホーム用・モバイル用」の2種類があります。

どちらにしても、そのルーターのパスワードをPS4に入力することが必要です。ここでは、そのパスワードの確認方法を説明します。参考ページは、すべての下のBUFFALOのものです。

PlayStationR4を無線でインターネットにつなぐ方法(パスワード入力) | BUFFALO公式サイト

セットアップカードがある場合

「セットアップカード」がある場合、そのカードでパスワードを確認できます。カードは下のようなものです。

セットアップカード画像引用元:セットアップカードの見方(バッファロー・公式サイト)

これはあくまでバッファロー社の製品の場合です。また、同社の中でも製品によってカードのデザインは若干異なります。

しかし、会社や製品が違っても、セットアップカードはどれも「大抵似たようなもの」です。そのため、上の画像のようにパスワードが書かれている、とイメージしていただいてかまいません。

なぜ「バッファロー社」が登場するのか

BUFFALOのWiFiルーター画像引用元:Wi-Fiルーター:AirStation(BUFFALO)

「PS4なのに、なぜSONYでなくバッファロー社が登場するのか?」と思った人もいるでしょう。これは下のような理由です。

  • PS4は、確かにSONYの製品である
  • しかし、Wi-Fiのルーター(送受信機)は、SONYの製品ではない
  • バッファローを始め、各社が作っている
  • その1社の例として、バッファローのセットアップカードを紹介した

という理由です。ちなみに、バッファロー以外では下のような会社がWi-Fiルーターを作っています。

  • NEC
  • ASUS
  • TP-Link
  • Fon

特にNECとASUS(エイスース)は、知っている人が多いでしょう。これらの各社でも、バッファローとほぼ同じようなセットアップカードを、ルーターに添付しています。そこからパスワードを確認し、PS4をWi-Fiルーターに無線接続すればいいのです。

ルーターにSSID・KEYのラベルが「ある」場合

セットアップカードがない場合、ルーターに貼られているラベル(シール)で確認できます。これがどのように貼られているかは、実際の画像を見るのが一番わかりやすいでしょう。

ラベルが貼られる場所は、製品(WiFiルーター)の底面・背面・側面のいずれかです。それぞれどのようなラベルかを、画像で紹介します。

底面

パスワードのある場所

底面の場合、上の画像のようになります。これはBUFFALOの「WZR-1750DHP」という製品です(以下、すべてBUFFALO社の製品で紹介します)。

パスワードのある場所

上の画像は「WHR-300HP2」のものです。他社製品でも、底面に貼られている場合はおおよそこのようなイメージです。

背面

パスワードのある場所

背面の場合、上の画像のように貼られています。これは「WHR-G301N」という製品の場合です。

側面

パスワードのある場所

側面の場合、上のように貼られています。これは「WXR-1900DHP」の例です。

このように、大抵のWi-Fiルーターは「どこか」にラベルが貼られています。そのパスワードをPS4に入力すれば、PS4をWiFiに接続できるということです。

ルーターにSSID・KEYのラベルが「ない」場合

ルーターのラベルで、SSIDやKEY(パスワード)がわからない機種もあります。たとえばBUFFALO社の場合、下のようなものです。

  • WHR-G
  • WHR-HP-G
  • WZR2-G300N

このような機種の場合、一般的には下のような流れで確認します。

  • ルーターとパソコンを有線でつなぐ
  • パソコンに設定画面が出る
  • その設定画面から調べる

設定画面とは下のようなものです。

設定画面

どのような画面が出るかはメーカー・機種によります。BUFFALOの場合、上の3通りのどれかになります。

設定画面のどこを見るのか?

これは、設定画面のレイアウトによります。BUFFALOの場合、3通りの画面のそれぞれで、操作の手順を動画で解説しています。下の動画の2分46秒以降を見てください。

BUFFALOの説明が一番詳しいので、同社の例を紹介してきました。他社でも同じような要領でパスワードを調べられます。

PS4のWiFiを速くするならネット環境の改善がおすすめ

PS4でWiFiが快適に使えない原因のほとんどは「速度が遅い」ことです。ルーターやモデムの規格(バージョン)に問題がなく、設定ミスもしていないのであれば、単純に「もともと速度が遅い」ことが原因といえるでしょう。

そのため、大元となるプロバイダのサービスを切り替え、速度を上げることが重要といえます。ここでは、そのためにおすすめのサービスを2つ紹介します。

NURO光…対応エリアなら一番おすすめ

NURO光画像引用元:NURO光・公式サイト

NURO光の対応エリアであれば、同サービスが圧倒的におすすめです。対応エリアは関東・東海・近畿・九州です。

このエリアでNURO光を最もおすすめする理由は下のようになります。

以下、それぞれ詳しく説明していきます。

他社の光回線と比較して約2倍の速度

NURO光の速度は、他社の光ファイバーと比較して約2倍となっています。たとえばダウンロード(下り)の最大速度は、下の画像のようになっています。

NURO光画像引用元:NURO光の魅力(公式サイト)

文字で書き出すと、NURO光と他社光回線で、下のようになっているということです。

NURO光 下り最大2Gbps
他社光回線 下り最大1Gbps

もともと高速の光回線の速度が、さらに2倍になるということで、NURO光がいかに速いかを実感できるでしょう。

家中どこでもWiFiが快適に使える

NURO光

NURO光には「最大1.3Gbps」という、回線の強い無線LANが標準装備されています。これにより、家中どこでもワイヤレスインターネット(WiFi)を快適に使えるのです。

同時にパソコンやスマートフォンなど、家族がそれぞれの端末を接続していても速度が落ちにくいという点でも快適です。

大手他社と比較して、圧倒的なコストパフォーマンス

コミコミ価格画像引用元:格安料金(NURO光公式サイト)

NURO光のコスパは、大手他社の光回線と比較しても、断然お得になっています。上の画像のように、月額にして約400円(10%)安いのが特徴です。金額を書き出すと、それぞれ下のようになります。

NURO光 月額4743円
他社光回線 月額5100円~

そして、他社では「回線利用料・プロバイダ料」しか含まれていません。しかし、NURO光ではさらに「無線LAN」「セキュリティ」のサービスも追加されています。安い上に、利用できるサービスも多いのです。

なお、この他社というのは「フレッツ 光ネクスト ギガファミリー・スマートタイプ」であり、NURO光の公式サイトで明確に記載されています。よくある「他社がどこかわからない」という比較ではないのです。

この点でも、NURO光のコスパの高さを実感できるでしょう。

注意点は、対応エリアかどうか

ここまでの内容を読んで「NURO光は最強じゃないか?」と思った人もいるでしょう。実際、対応エリアであれば最強といっても過言ではありません。

しかし、注意点として「対応エリアが限られている」というデメリットがあります。下の画像で色が付いている都道府県しか対応していないのです。

NURO光の対応エリア画像引用元:NURO光・提供エリア拡大中(公式サイト)

エリアごとに都道府県を一覧にすると、下の通りです。

関東 東京都・神奈川県・埼玉県・千葉県・茨城県・栃木県・群馬県
東海 愛知県・静岡県・岐阜県・三重県
近畿 大阪府・京都府・兵庫県・滋賀県・奈良県
九州 福岡県・佐賀県

簡単にいうと、下のようになります。

  • 関東・東海は、すべての都道府県で対応
  • 近畿は和歌山以外すべて対応
  • プラス、福岡と佐賀

このため、特に関東・東海・近畿の人には、非常におすすめのサービスです。逆にいえばこうした対応エリアの外の人にとっては「どれだけ良いサービスでも、そもそも使えない」ということになります。

結論…対応エリアであれば、一度はチェックするべき

ネットが速くなるというのは、メリットしかないことです。PS4のWiFi接続が快適になるだけでなく、下のようなメリットがあります。

  • YouTube動画も高速・高画質で見られる
  • Windowsのアップデートなどもすぐに終わる
  • 新しいソフトのダウンロードも早い

このように、PS4をプレイするときだけでなく、生活のすべての面でプラスとなります。対応エリアであれば、ぜひ一度NURO光のサービスをチェックしてみてください。

SoftBank Air…有線を引けない環境でおすすめ

SoftBank Air画像引用元:SoftBank Air(株式会社NEXT)公式サイト

いわゆる田舎・過疎地の自治体では、有線のインターネットを引けないか、引けても低速なことがあります。また、田舎でなくても、賃貸住宅の大家さんが許可を出さないのでネットを引けないということもあるでしょう。

このような場合でも、SoftBank Airなら簡単に高速回線を導入できます。その理由と、SoftBank Airのメリットをまとめると下の通りです。

工事不要(コンセントを挿すだけ)

SoftBank Air画像引用元:SoftBank Airとは(公式サイト)

SoftBank Airは、工事なしで「本体のコンセントを挿すだけ」で使えます。上の画像のとおりです。

「本体で何かのボタンを押す」必要もなく、完全に「コンセントだけ」です。このように極めて簡単に使えるので「機械やネットのことはまったくわからない」という人にもおすすめです。

下り最大261Mbpsの高速回線

SoftBank Airの速度

SoftBank Airは通信速度の早さも特徴。下りの速度が上の画像のとおり、最大で261Mbpsとなっています。

また、一部エリアではさらに速い「最大350Mbps」を提供中です。(Airターミナル3の場合)

このように、過疎地も含めて日本全国のあらゆる地域で簡単に導入できるにもかかわらず、高速なインターネットを使えるのが、SoftBank Airのメリットです。

特に「田舎で低速回線しかないからPS4のWiFiも遅かった」という人におすすめといえます。

データ容量の制限なし(使い放題)

使い放題

SoftBank Airには、データ容量の制限がありません。そのため、PS4も含めて家中のさまざまな機器で、自由にWiFiを利用できます。

たまに回線が混雑しているときなど、一時的に遅くなることはあります。しかし、携帯のネット通信のように「使いすぎて制限に引っかかる」ということはありません。

申し込みから最短3営業日で開通

最短3営業日

SoftBank Airは、申し込んでから最短3営業日で開通します。通常の固定回線は2週間~1カ月かかるので、それと比べると圧倒的なスピードです。

そして、届いた後の作業についても、先に書いた通り「コンセントを挿すだけ」です。始めるのが簡単という点では、どの他社サービスと比較してもダントツのNo.1といえるでしょう。

最大3万5000円のキャッシュバックもあり

キャッシュバック画像引用元:当社限定キャンペーン(公式サイト)

SoftBank Airには複数の代理店がありますが、特に「株式会社ネクスト」の場合、最大3万5000円のキャッシュバックを受けられます。これは、期間が特に決まっていないキャンペーンです。

しかし、キャンペーンである以上いつかは終了するため、キャッシュバックを受けたい人は早めに申し込むのがお得です。このキャンペーンも含めて、SoftBank Airの高速WiFiを利用したい人は、ぜひ公式サイトで詳細をチェックしてみてください。

まとめ

ゲームをする女性

PS4のゲームを最大限に楽しむには、WiFiも含めたネット環境の改善が不可欠です。当記事で紹介した各プロバイダのサービスや、速度向上の方法などを参考にして、快適にPS4のゲームを楽しみましょう!

PS4のWiFiについて質問があれば、コメント欄からお気軽にお願いします!

ハムム

コメント欄から何でもお気軽にお尋ねください!
数日お時間をいただきますが、必ずお返事させていただきます!

ふわわ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です