【相次ぐURL変更で生存中?】「manga raw」は今見れるの?代わりになるサイトはある?移転URLやサイトの現状も徹底調査しました

世の中にはたくさんの漫画があります。「名作漫画や流行りの漫画をたくさん読みたいけれど、お金がなくて読めない」という方は多いはず。

昔であればインターネットもなく、かといって本屋で万引きするわけにもいきませんので、我慢するほかありませんでした。しかし、今はインターネット時代。「デジタルで漫画が、しかも無料で読める」違法サイトも乱立しており、そういったサイトに惹かれることもあるでしょう。しかし、安全性に問題が多い違法サイトにアクセスすることは正直おすすめしません。

「manga raw」はそうした違法サイトの1つで、昔一世を風靡した「漫画村」の代わりとしても取り上げられることが多くあり、現在でも細々とサイトリンクの変更などを行って生き残っているようです。

今回は、漫画をなるべく無料で読みたい方に向けて「manga rawは今も見れる?」「移転後のURLは?」「manga rawの代わりになるサイトはあるの?」というようなよくある疑問に答えるべく、現状を徹底調査しました。

1.manga rawとは

まず「manga rawとは何か」をご存じない方の為に、manga rawについて簡単におさらいしていきましょう。

1.1.漫画を無料で読める「違法サイト」

manga rawとは、現在連載中の漫画を中心に、色々な漫画を無料で読める上にダウンロードもできる大変ありがたいサイトですが、まず大前提として「違法サイト」です。

違法漫画サイトの殆どは欧州圏・欧米圏などの英語圏、中国語圏の国々で運営されているので、ネットで無料で漫画を読もうとすると、セリフやタイトルが中国語や英語になった漫画を多く見かけることでしょう。

そんな中でmanga rawは数少ない日本語で漫画が読めるサイトなので日本人を中心に人気を博しているサイトではありますが、サイトの方針や内容は、ある時期に大きな話題を集め、ニュースでも連日取り上げられて問題となった違法漫画サイト「漫画村」とほぼ同一といって間違いありません。

2.【今も見れる?】manga rawの現状

manga rawは過去にURL変更や旧サイトの閉鎖が相次いだことから「今も見れるの?」という素朴な疑問が生まれるのもうなずけますが、結論としては、今でも見ることができます。とはいえ、それだけでは見れることはわかってもどのような状況なのかが伝わらないのも事実です。

ここでは、manga rawの現状とサイトの特徴、リスクなどを解説していきます。

2.1.頻繁にURLを変更している

manga rawというサイトの非常に特徴的なところは、ひとつのサイトを潰れるまで開き直って運用するといったことはせず、頻繁にURLを変更しては旧サイトを閉鎖するという行動を繰り返して生き残り続けてきた点です。

アクセス禁止措置などを防ぐためにサイトを分散しては潰す・再開するといったことを繰り返しているようで、プロバイダやサーバの規制をなんとかかいくぐろうという熱意を感じますが、閲覧する側からしてみれば現状が極めて分かりづらいサイトでもあります。

現在公開されている最新のmanga rawのURLは「https://manga1001.com/」となっていますが、最近では本家URLである「https://manga1000.com/」もしれっと復活しています。また本家との関連性は不明ですが、「manga1002.blogspot.com」というリンクからも「Manga Raw」というサイトを見れるようになっていて、漫画が違法アップロードされているようです。

2.2.巨大なポルノ広告など危険で厄介な広告がある

manga rawはそもそも違法サイトであることを改めて意識させられる事実として、漫画閲覧ページに誤タップを狙ったポルノ広告が表示されるという事象があります。

これも、悪い意味でのmanga rawの特徴といえますが、ユーザーからの評判は最悪で、「頻繁に表示され厄介」・「広告の音声が消えずに鳴ることがあり迷惑」など散々ですが、ポルノ広告の音声が大容量で鳴ってしまって、しかも消えないとなると、公共の場所にいて閲覧していた場合のリスクがあまりにも大きすぎます。

鉄道やバスの車内など公共の場所でのmanga rawの閲覧はこのように大恥をかく結果になりかねないので、絶対にやめましょう。ちなみに、興味本位でこのポルノ広告をクリックするのも絶対にやめましょう。manga rawではフィッシング詐欺広告の存在も確認されていますし、大体、こうした音が消えない巨大ポルノ広告という鬼仕様の広告が安全であるはずがないのです。

3.manga rawは危険!違法サイトに潜む3つのリスクを解説

manga rawは先ほども大前提として申し上げました通り「違法サイト」であり、違法サイトはその名の通り法に触れている犯罪を行っているサイトですから、基本的には「危険」です。

単純に閲覧も犯罪というのもそうなのですが、こうした違法サイトにはコンピュータウイルスが仕込まれていたり、マルウェアに感染したり、知らぬ間にPCの処理能力を全く違う目的に利用されてしまったりと本当に危険です。

ここでは、manga rawを含めた違法サイトに潜む3つのリスクを解説していきます。

3.1.ウイルスが仕込まれ個人情報流出の危険性がある

こうした違法に漫画をアップロードしているサイトに付き物なのが「コンピュータウイルス」「マルウェア」です。特にマルウェアは閲覧するだけでも感染するリスクがあり、PCに悪影響を与えようとします。

こうしたウイルスはユーザーの知らぬ間にセキュリティホールを突いてPC内に潜入し、個人情報を盗み取ったり、プライベートなネットサーフィンを遠隔監視されたり、ひどいものでは、ノートPCのモニタ上部についているWebカメラを勝手に起動して部屋の様子を盗み見たりされることもあります。つまり、閲覧するだけでも充分に危険ということです。

近年ではこうした不正アクセスやウイルスによる情報流出の他に、偽サイトや偽の入力フォームなどのトラップを用意して、「ユーザーが自発的に個人情報を入力するように仕向けたうえで、クレジットカード情報を盗んだりPCやSNSアカウントを乗っ取る」手口が横行しています。

そうした詐欺サイトには、こうした違法サイトの広告などから飛ばされることが多くありますので、まずは閲覧しないこと、もし閲覧してしまっても絶対に自分から個人情報を入力しないこと、というように二重三重に警戒を怠らないようにしましょう。

3.2.知らぬ間に自分のPCを仮想通貨のマイニングに使われる

仮想通貨のマイニングって何?となる方も多いでしょうが、簡単に言うと仮想通貨の送金履歴などの取引情報を客観的データとして承認するために行われる情報処理のことで、マイニングという作業を行うことで仮想通貨は信頼性を保っています。

しかし、それを自分でやろうというならともかく、勝手にPCを使われて知らぬ間に自分のPCでマイニングさせられているとしたら、嫌な気持ちになりますよね。

それに加えてマイニングには大量の情報を処理することが求められますので、知らぬ間にメモリやストレージ容量を食われてPCの動きが重くなってしまうなんてこともあります。PC自体の動きが重くなると自分の作業がまともに行えませんし、趣味の動画鑑賞やネットサーフィンもろくにできなくなってしまうでしょう。

3.3.ダウンロードすると利用者も今後有罪になる可能性が高い

そして一番の危険が、「2021年1月から違法サイトの利用者も逮捕される可能性が高くなった」ことです。

これまでは、音楽や映画など音声・映像コンテンツに関しては違法ダウンロードが厳しく規制されていましたが、漫画などはその規制に含まれていなかった関係上、運営者はともかくとして閲覧するだけの利用者は特に逮捕されることはありませんでした。

しかし、2021年1月からの改正著作権法の施行に伴い、違法ダウンロード規制が漫画・雑誌・小説・論文・写真・プログラムなど、著作物とされるもののすべてに適用されることになったのです。

今回の改正著作権法に関しては政府広報オンラインに詳しい情報があるので、一部引用させて頂きます。

「海賊版サイトによる被害の拡大を防止し、クリエイターの保護、コンテンツ産業の振興、文化の発展を図るため、著作権法が改正されました。これにより、令和3年1月1日から、インターネット上に違法にアップロードされたものだと知りながら侵害コンテンツのダウンロードを行う行為が幅広く違法となります。刑事罰の対象となる場合もあります。」

「インターネット上に違法にアップロードされたものだと知りながら侵害コンテンツのダウンロードを行う行為が、幅広く違法となります。これまで違法ダウンロードの規制対象は音楽と映像のみでしたが、今回の改正により、規制対象が、漫画、雑誌、小説、写真、論文、コンピュータープログラムなど全ての著作物に拡大されます。
また、正規版が有料で提供されている著作物に係る侵害コンテンツを反復・継続してダウンロードした場合には、刑事罰(2年以下の懲役または200万円以下の罰金(またはその両方))の対象にもなります。」

「なお、権利者の許可なく著作物をインターネット上にアップロードする行為は、引用などの権利制限規定に該当するなどの場合を除き、既に違法とされており、刑事罰(10年以下の懲役または1,000万円以下の罰金(またはその両方))の対象にもなっています。」

4.漫画は合法サイトで読もう!おすすめのサイトは?

違法漫画サイトの閲覧はただでさえ危険でしたが、今ではもはや法を犯さずには閲覧できなくなってしまいました。

前章の通り2021年1月以降、いくら「漫画を無料で読みたい」と思っても、少なくともその方法としての「違法漫画サイトの閲覧」が明確に犯罪になったことで、単に違法漫画サイト利用するだけでも刑務所行きになる可能性が大きくなったからです。

罰を受ける覚悟があるなら閲覧するのもいいでしょうが、漫画に正当な金額を払わなかったことで実刑を受けるのは、それがいくら魅力的なコンテンツであったとしても、どう考えても割に合いません。

ここでは、できる限り無料で漫画を読みたい方におすすめできる、「合法漫画配信サイト」を3つご紹介します。

4.1.「U-NEXT」

U-NEXTは、USENの子会社が運営する月額課金型の配信サービスで、元々は映像配信サービスに特化していましたが、今では漫画やライトノベルといった書籍のコンテンツも楽しむことができる総合エンタメ配信プラットフォームとなっています。

U-NEXTの特徴は、漫画のみ・映像のみといった個別のサービスに分かれていないところです。有料会員登録をして月額2,189円(税込)を支払えば、漫画や小説といった書籍のコンテンツも、映画などの映像コンテンツも両方、無料で楽しめます。

書籍に関しては約50万冊以上、雑誌は80誌以上におよぶ無料読み放題サービスがありますが、コンテンツは定期的に入れ替えがあり、永続的に読めるわけではありません。また、ポイントを支払うことで作品の個別購入も可能となっています。

U-NEXTのメリットは、毎月自動的に1,200円分のポイントが付与されることです。これは漫画で換算するとおよそ2冊分にあたるポイントで、90日の有効期限内に使えば、好きな漫画があれば毎月2冊分は実質タダで読めてしまうのです。

また、「ポイントバックプログラム」という最大40%のポイント還元も魅力的で、U-NEXTで漫画含め電子書籍などをクレジット購入すると、購入から32日後に価格の40%分のポイントが還元され、そのポイントも新しい書籍の購入費に充てられます。

正統なサイトですので完全な無料ではありませんが、こうした「実質無料」を積み重ねていけば、1作品丸ごとタダで読むのも夢ではないかもしれません。もちろん、全額支払って購入して読んだほうが早いですけれど。

4.2.「ebookjapan」

ebookjapanは、株式会社イーブックイニシアティブジャパンが運営する電子書籍販売サイトです。現在は名前はそのままに、eBookJapanとYahoo!ブックストアのサービスを統合した新しいサービスとなっています。

月額課金サービスではないので、月額無料で利用できます。Yahoo!IDと連携できるので、新しくアカウントを作らずに済み、管理の手間もありません。

毎月のようにキャンペーンをやっているのが特徴的で、話数単位で無料となったり、購入30%オフになるなどの割引キャンペーンを、期間限定ではありますが頻繁に行っています。

また、稀ではありますが読み放題キャンペーンを行っていることもあるので、好きな作品に関連するキャンペーンは頻繁にチェックすることをおすすめします。他の漫画配信アプリにはない「背表紙表示機能」などユニークな機能も購買・収集欲を刺激します。

4.3.「FODプレミアム」

FODプレミアムは、いわゆるマスコミの1つであるフジテレビが運営する動画配信サービスです。サービスの一番の売りはフジテレビのドラマやバラエティ・アニメなどを見逃し配信してくれることですが、U-NEXTと同じように漫画も楽しめます。

月額888円の登録会員制、サブスクリプション契約とはなりますが、契約時にAmazonPay支払いを選択することで、2週間無料で対象漫画や対象雑誌の最新号読み放題を利用できます。

読みたい漫画が読み放題対象であれば、無料期間中に全部読み切れば、無料期間中に解約手続きを完了すれば、という条件付きではありますが、これらをすべて満たすことで文字通り無料で漫画が読めます。

また、FODプレミアムでは契約会員に対し毎月1,300ポイントを付与してくれますので、ポイントを消費することで最新刊も2冊程度は無料で読めます。毎月100ポイントは自動付与で、残り1,200ポイントは「8のつく日にマイページにアクセスしポイントをゲット」というミッションを満たすと付与されますので忘れないようにしてください。

5.まとめ

以上、違法漫画サイト「manga raw」の現状と、違法漫画サイトの閲覧の危険性を提示したうえで、「manga raw」に代わるおすすめの合法漫画サイトを解説しました。

違法サイトにアクセスすれば確かに無料で漫画は読めます。しかし、違法サイトにアクセスするとクレジットカードや住所などの情報を不正利用されたり、最悪逮捕され刑務所で実刑を受けなければならない可能性があることも意識せねばなりません。それらのリスクを引き換えにしてでも無料で漫画を読みたいと思うか、もう一度よく考えてみてください。

どうせ無料で読むのなら、そうしたリスクを全く被ることのない、合法的に漫画作品を配信しているサイトの提供するキャンペーンや割引などを利用して、賢く読むようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です