MinecraftでのVPSを選ぶときのオススメと構築方法紹介

シェアする



URLをコピーする
MinecraftでのVPSを選ぶときのオススメと構築方法紹介
https://fwww7.com/2017/01/25/minecraft-vps/

Minecraft Ships

どうもこんにちは、ライターのヨッシーです(ノ)^ω^(ヾ)

みなさんはMinecraftマインクラフトというゲームをご存知ですか?

今では世界的に有名となったMojang AB (現在はMicrosoft Corporation傘下)のマルクスという方が企画したサンドボックス型のゲームです。今年の1/30にはMojang ABがMinecraftが2500万本の売り上げを達成したと発表しました。

今回はそのMinecraftを大人数で遊べるようにできる「マルチプレイサーバー」を構築する方法とオススメのVPSをランキング形式でご紹介します!
オススメVPSのConohaをチェックする

スポンサーリンク

Minecraftサーバーの運営に必要なVPS

VPS (Virtual Private Server)とは、物理サーバーマシンのリソースの一部を格安で借りることができるサーバー空間です。Web向けのレンタルサーバーとは違ってroot権限がもらえるため、JavaやPythonなど好きな言語をVPSにインストールして使用できます。

今回はその無数のVPSサービスの中でも安い・高速・回線が安定しているというMinecraftサーバーとして重要な三つの視点から厳選した3つのVPSをご紹介します。

  • オールSSDでディスクI/Oが超高速なVPSはConoHaコノハ

    ConohaはGMO Internet Groupが提供しているオールSSDが売りのVPSサービスです。

    プランは最低512MBから64GBありますが、中規模の生活サーバーなら2GBプランが適しているのではないでしょうか。

    また、ConohaVPSが採用しているSSDはHDDよりも爆速でデータをやり取りできる記憶媒体のことで、プラグインを多数入れる場合などはI/Oが増えるので重要な要素です。安定したデータのやり取りは、プレイヤーの使い勝手に大きな影響をもたらします。

    VPSとしては特殊な「転送量無料」「時間課金制」になります。

    転送量が無料だと、プレイヤーとの通信がとても多いPvPやゲームサーバーでも追加課金を気にせずサーバーを運営することができます。

    時間課金制であると、急なサーバー公開の延期が発生しても月額の料金丸ごとを支払わなければならないのではなく、一時間ごとの料金を課金するようになります。2GBプランは1.25円/一時間 なので、維持費が一日なんと¥30だけで済むのです!!

    よくある高額な初期費用を運営費に回せるので、格安で高性能なVPSを選ぶならここがダントツです!
    Conohaの詳細はコチラ!

  • 価格重視ならServersMan@VPSがオススメ

    ServersMan@VPSは、ドリーム・トレイン・インターネット (通称DTI)が提供する格安VPSです。DTIは他にもインターネットプロバイダ事業やB to B to Cビジネスで成功している企業です。

    ServersMan@VPSはとにかく安い。今紹介した二つのVPSのどれよりもコストが安く済みます。VPSを最安値¥514で、1GB使うことができます

    なぜデータセンターで管理されているような高額サーバー機器のリソースをここまで安く借りることができるのでしょうか?

    それは、他のVPSサービスとは違い、HDDを採用しコストを削減 ( ついこの前も人気の薄かったDTIのサービスが閉鎖されました ) して運営しているためです。

    Minecraft PvPなどのディスクI/Oが激しいサーバーではボトルネックになりかねない面ですが、24時間運営の生活サーバーなら大丈夫でしょう。WorldEditorを使っても大丈夫です( ・ㅂ・)/

    長期的なサーバー運用を格安で行いたい方にオススメのVPSです。
    ServersMan@VPSの詳細はコチラ!

  • 運営歴が長く実績と信頼があるKAGOYAクラウドVPS

    KAGOYAクラウドVPSはカゴヤ・ジャパンが運営するサーバーインフラサービス「カゴヤ・クラウド」が提供するVPSです。

    カゴヤ・クラウドVPSは充実したサポートが嬉しいVPSサービスです。VPSは操作が複雑なところが少しあります。そこで助かる、救いの手が、サポートです。たいていのコールセンターやメールサポートは煩雑で、無責任なところが無いとは言い切れません。しかしカゴヤ・クラウドのサポートは違います。Minecraft + VPSサーバーはマイナーだから無理だろ!! というときでも少なくとも実行環境をしっかり伝えたらサポートを受けられるはずです。

    そのため多くの法人での利用が多く、安定したサービスを提供し続けることができています。Conohaより多少高いものの、初心者の方には絶対におすすめできるVPSです!

KAGOYAクラウドVPSの詳細はコチラ

スポンサーリンク

Minecraft サーバーをVPSでホストする

今回の動作環境は、

  • ConoHa
  • 512MB Memory
  • Intel Inside Xeon E5
  • SSD 20GB
  • Ubuntu v16.04 (64bit)
  • 1 Core

になります。それではサーバー構築を始めましょう。

rootでインストール

本来Linuxではroot権限でサーバー操作をすることは非常識ですが、今回はあくまでJavaのインストールとMinecraftサーバーのjarファイルのダウンロード、そして起動(ホスト)完了までだけなので、全ての操作をroot権限で行なっています。

心配な場合はご自身でユーザーを作成してください。

まず、ログインに成功するとこんな画面になると思います。

root logged in

この状態で、まずは以下のコマンドをコマンドラインに入力します。

(実際にはapt-get updateだけでOKです。)

完了したら、続けて以下のコマンドを入力します。

これで大丈夫です(コマンドを送信した後にいろいろダァァァァァって文字が出てくるのは、待っていれば止みます。

Javaのインストール

MinecraftやMinecraft Serverの動作にはJDK (Java)が必要です。

Javaをインストールしましょう。

するとこんな文章が最後の方に表示されます。

Setting up openjdk-8-jre:amd64 (8u121-b13-0ubuntu1.16.04.2) …

update-alternatives: using /usr/lib/jvm/java-8-openjdk-amd64/jre/bin/policytool to provide /usr/bin/policytool (policytool) in auto mode

Processing triggers for libc-bin (2.23-0ubuntu5) …

Processing triggers for systemd (229-4ubuntu13) …

Processing triggers for ureadahead (0.100.0-19) …

これが表示されればOpen JDKのインストールは成功しています。

Open JDK 8の存在確認

以下のコマンドを送信してください。

表示結果に以下の文章が出ていればOpen JDK 8はインストールが完了し、有効にされています。

openjdk version “1.8.0_121”

OpenJDK Runtime Environment (build 1.8.0_121-8u121-b13-0ubuntu1.16.04.2-b13)

OpenJDK 64-Bit Server VM (build 25.121-b13, mixed mode)

Minecraft Serverのjarファイルの取得 (ダウンロード)

今回は2017/01/26現在の最新版の「Minecraft v1.11.2」のサーバー構築です。なのでv1.11.2専用のjarをダウンロードします。

コマンドラインに、以下のコマンドを入力して送信してください。

すると以下の結果が表示されると思います。

–2017-01-26 19:01:20–  https://s3.amazonaws.com/Minecraft.Download/versions/1.11.2/minecraft_server.1.11.2.jar

Resolving s3.amazonaws.com (s3.amazonaws.com)… 54.231.40.66

Connecting to s3.amazonaws.com (s3.amazonaws.com)|54.231.40.66|:443… connected.

HTTP request sent, awaiting response… 200 OK

Length: 9720835 (9.3M) [application/octet-stream]

Saving to: ‘minecraft_server.1.11.2.jar’

minecraft_server.1. 100%[===================>]   9.27M  2.62MB/s    in 4.4s

2017-01-26 19:01:25 (2.13 MB/s) – ‘minecraft_server.1.11.2.jar’ saved [9720835/9720835]

これでダウンロードが完了しました。ダウンロード元のAWSサーバとの通信はSSL暗号化されています。

VPSでサーバー構築

障害時のサーバー復旧が簡単に行えるようにするため、minecraft_jar.1.11.2.jarをminecraft_server.jarにリネームします。

続いて、minecraft_server.jarを起動します!!

コマンドラインに以下のコマンドを入力して実行送信してください。

ここでサーバーを稼働させると、動作が停止します(問題ありません)。

[19:09:40] [Server thread/INFO]: Starting Minecraft server version 1.11.2

[19:09:40] [Server thread/INFO]: Loading Minecraft properties

[19:09:40] [Server thread/WARN]: server.properties does not exist

[19:09:40] [Server thread/INFO]: Generating new Minecraft server properties file

[19:09:40] [Server thread/WARN]: Failed to load eula.txt

[19:09:40] [Server thread/INFO]: You need to agree to the EULA in order to run the Minecraft server. Go to eula.txt for more info.

[19:09:40] [Server thread/INFO]: Stopping Minecraft server

なぜ動かないのかというと、MinecraftのEULA (ソフトウェア利用許諾契約) に同意していないためです。

EULAに同意するために、eula.txtを編集します。

以下のコマンドを送信してください。

ここで

By changing the setting below to TRUE you are indicating your agreement to our EULA (https://account.mojang.com/documents/minecraft_eula).

#Thu Jan 26 19:11:53 JST 2017

eula=false

これを、

By changing the setting below to TRUE you are indicating your agreement to our EULA (https://account.mojang.com/documents/minecraft_eula).

#Thu Jan 26 19:11:53 JST 2017

eula=true

に変更し、再びminecraft_server.jarを実行します。

するとなんと…!?

[19:18:08] [Server thread/INFO]: Starting Minecraft server version 1.11.2

[19:18:08] [Server thread/WARN]: To start the server with more memory, launch it as “java -Xmx1024M -Xms1024M -jar minecraft_server.jar”

[19:18:08] [Server thread/INFO]: Loading Minecraft properties

[19:18:08] [Server thread/INFO]: Default game type: SURVIVAL

[19:18:08] [Server thread/INFO]: Generating keypair

[19:18:08] [Server thread/INFO]: Starting Minecraft server on *:25565

[19:18:09] [Server thread/INFO]: Using epoll channel type

[19:18:09] [Server thread/WARN]: Failed to load user banlist:

java.io.FileNotFoundException: banned-players.json (No such file or directory)

at java.io.FileInputStream.open0(Native Method) ~[?:1.8.0_121]

at java.io.FileInputStream.open(FileInputStream.java:195) ~[?:1.8.0_121]

at java.io.FileInputStream.<init>(FileInputStream.java:138) ~[?:1.8.0_121]

at com.google.common.io.Files.newReader(Files.java:86) ~[minecraft_server.jar:?]

at mx.g(SourceFile:136) ~[minecraft_server.jar:?]

at lg.z(SourceFile:99) [minecraft_server.jar:?]

at lg.<init>(SourceFile:25) [minecraft_server.jar:?]

at lh.j(SourceFile:186) [minecraft_server.jar:?]

at net.minecraft.server.MinecraftServer.run(SourceFile:436) [minecraft_server.jar:?]

at java.lang.Thread.run(Thread.java:745) [?:1.8.0_121]

[19:18:09] [Server thread/WARN]: Failed to load ip banlist:

java.io.FileNotFoundException: banned-ips.json (No such file or directory)

at java.io.FileInputStream.open0(Native Method) ~[?:1.8.0_121]

at java.io.FileInputStream.open(FileInputStream.java:195) ~[?:1.8.0_121]

at java.io.FileInputStream.<init>(FileInputStream.java:138) ~[?:1.8.0_121]

at com.google.common.io.Files.newReader(Files.java:86) ~[minecraft_server.jar:?]

at mx.g(SourceFile:136) ~[minecraft_server.jar:?]

at lg.y(SourceFile:91) [minecraft_server.jar:?]

at lg.<init>(SourceFile:27) [minecraft_server.jar:?]

at lh.j(SourceFile:186) [minecraft_server.jar:?]

at net.minecraft.server.MinecraftServer.run(SourceFile:436) [minecraft_server.jar:?]

at java.lang.Thread.run(Thread.java:745) [?:1.8.0_121]

[19:18:09] [Server thread/WARN]: Failed to load operators list:

java.io.FileNotFoundException: ops.json (No such file or directory)

at java.io.FileInputStream.open0(Native Method) ~[?:1.8.0_121]

at java.io.FileInputStream.open(FileInputStream.java:195) ~[?:1.8.0_121]

at java.io.FileInputStream.<init>(FileInputStream.java:138) ~[?:1.8.0_121]

at com.google.common.io.Files.newReader(Files.java:86) ~[minecraft_server.jar:?]

at mx.g(SourceFile:136) ~[minecraft_server.jar:?]

at lg.A(SourceFile:107) [minecraft_server.jar:?]

at lg.<init>(SourceFile:29) [minecraft_server.jar:?]

at lh.j(SourceFile:186) [minecraft_server.jar:?]

at net.minecraft.server.MinecraftServer.run(SourceFile:436) [minecraft_server.jar:?]

at java.lang.Thread.run(Thread.java:745) [?:1.8.0_121]

[19:18:09] [Server thread/WARN]: Failed to load white-list:

java.io.FileNotFoundException: whitelist.json (No such file or directory)

at java.io.FileInputStream.open0(Native Method) ~[?:1.8.0_121]

at java.io.FileInputStream.open(FileInputStream.java:195) ~[?:1.8.0_121]

at java.io.FileInputStream.<init>(FileInputStream.java:138) ~[?:1.8.0_121]

at com.google.common.io.Files.newReader(Files.java:86) ~[minecraft_server.jar:?]

at mx.g(SourceFile:136) ~[minecraft_server.jar:?]

at lg.C(SourceFile:123) [minecraft_server.jar:?]

at lg.<init>(SourceFile:30) [minecraft_server.jar:?]

at lh.j(SourceFile:186) [minecraft_server.jar:?]

at net.minecraft.server.MinecraftServer.run(SourceFile:436) [minecraft_server.jar:?]

at java.lang.Thread.run(Thread.java:745) [?:1.8.0_121]

[19:18:09] [Server thread/INFO]: Preparing level “world”

[19:18:10] [Server thread/INFO]: Preparing start region for level 0

[19:18:11] [Server thread/INFO]: Preparing spawn area: 5%

[19:18:12] [Server thread/INFO]: Preparing spawn area: 8%

[19:18:13] [Server thread/INFO]: Preparing spawn area: 12%

[19:18:14] [Server thread/INFO]: Preparing spawn area: 16%

[19:18:15] [Server thread/INFO]: Preparing spawn area: 19%

[19:18:16] [Server thread/INFO]: Preparing spawn area: 24%

[19:18:17] [Server thread/INFO]: Preparing spawn area: 28%

[19:18:18] [Server thread/INFO]: Preparing spawn area: 32%

[19:18:19] [Server thread/INFO]: Preparing spawn area: 37%

[19:18:20] [Server thread/INFO]: Preparing spawn area: 42%

[19:18:21] [Server thread/INFO]: Preparing spawn area: 47%

[19:18:22] [Server thread/INFO]: Preparing spawn area: 52%

[19:18:23] [Server thread/INFO]: Preparing spawn area: 57%

[19:18:24] [Server thread/INFO]: Preparing spawn area: 62%

[19:18:25] [Server thread/INFO]: Preparing spawn area: 67%

[19:18:26] [Server thread/INFO]: Preparing spawn area: 74%

[19:18:27] [Server thread/INFO]: Preparing spawn area: 80%

[19:18:28] [Server thread/INFO]: Preparing spawn area: 86%

[19:18:29] [Server thread/INFO]: Preparing spawn area: 93%

[19:18:31] [Server thread/INFO]: Preparing spawn area: 99%

[19:18:31] [Server thread/INFO]: Done (21.946s)! For help, type “help” or “?”

できました!!

いや〜嬉しいw

多少エラーがあるものの、minecraft_jar.1.11.2.jarは今後も更新されていきます。

コマンド一覧を閲覧するには、半角英数字で「?」か「help」を入力、送信してください。コマンド一覧リストが帰ってきます。
Conohaに申し込む

VPS + Minecraftサーバー構築、まとめ

Minecraftには他にもいくつかサーバーを立てる方法がありますが、これが最も簡単でしょう。今回MinecraftサーバーのホストにはMojang AB公式のMinecraft JARを使用しました。

他にMinecraftサーバーをホストするには、Spigotを使う方法があります (CraftBukkitはライセンスの問題でプロジェクト中止)。Spigotは大規模なサーバー構築に向いています。

なぜなら、プラグインが導入できるからです。

Minecraftには本来、Modを使うシステムが標準で付いています。Modの機能をサーバーに入っているプレイヤーたちと共有するには、プレイヤー全員があらかじめMinecraftにModを導入・有効化しておく必要があります。

しかし、プラグインをサーバー側で有効にしてあると、プレイヤーのMinecraft側にModを導入することなく同程度の機能をつけることができます。

Minecraftサーバーを立てる際には、ぜひMojang公式かSpigotを選ぶか、ぜひ比較してみてください (両方ともEULAに同意する必要があります)。

では楽しいMinecraftライフを!

スポンサーリンク

シェアする



URLをコピーする
MinecraftでのVPSを選ぶときのオススメと構築方法紹介
https://fwww7.com/2017/01/25/minecraft-vps/

オススメ記事