バッテリーが大容量な格安スマホといえばコレ

スポンサーリンク

どうもIT大好きFwwwです!

僕現在メイン端末がFreetelのSAMURAI雅なんですけど、

バッテリーの消耗早すぎいい!

世間では平均的な2200mahのバッテリーを搭載しているんですけど、

フルで使って4時間持てば良い方ですよ笑

スマホに関しては1日の半分以上触っているので、

最近大容量のバッテリーを搭載したスマホが欲しくなりました!

ということで今回はとにかく大容量のバッテリーを搭載したスマホをジャンジャン紹介していきます。

スポンサーリンク

そもそもスマホのバッテリーを長持ちさせるには

バックグラウンドで動いている不要な通信がバッテリーを消耗させる

殆どの方がバックグラウンドで動いている不要な通信に気づいていないことが多いのですが、

其の例を挙げると

  • Bluetooth
  • GPS
  • Wi-Fi(使用する時だけオンにする)
  • アカウントの自動同期(Androidを使っている人は要チェック)
  • インストールしたアプリ(Androidの場合、常駐するものがあります)

ディスプレイはなるべく明るすぎない程度に調整する

iPhoneでもAndroidでも言えることですが、

ディスプレイの明るさでバッテリー消耗時間が結構変わってくるものです。

僕はいつも”暗くても見えればいいや”程度の明るさに調整しています笑

格安スマホで大容量バッテリーを搭載している機種を紹介

一万円台で大容量バッテリーを搭載している格安スマホPriori3S

priori3s

OS Android5.1
ディスプレイ 5.0inch/1280×720(HD IPS)
 メモリ 2GB
 容量 16GB
 バッテリー容量 4000mah
 メインカメラ 800万画素
 サブカメラ 200万画素

このスペックで17800円とお値段以上の価値がある格安スマホ。

バッテリーも4000mahで大容量なため2日は持つそうです。

メモリも2GBなためカクつくことはないでしょう。

大容量バッテリーを搭載したコスパが良いPriori3Sの評判

4000mAhの看板に偽りなし。ハイエンドをしのぐバッテリー容量

Priori3S LTEのバッテリー持ちは優秀!格安スマホで4,000mAhは凄い

これね!
すごい!
いやもう、ただただ、バッテリー持ちが!
神!

…とか使い慣れない表現したくなっちゃうくらい、電池減らない‼
結構使う人でもね、1日外出する間に電池残量を気にする必要がないと思います。
私なんかだと(1ヶ月で1GBくらいの使用レベルで)、1日で10%くらいしか減らない。

ほんとに。
びっくらこくよ!
普通に平気で数日充電しないままです。

ちなみに20%代になったら充電しよう、って
やんわり決めてるんですけど(それくらいが電池にはいいらしい)、
そこに至るまでの40~30%くらいの間の不安感が、Nexus5の頃と全然違う!
30%とかでも、まだそこから数日持つからね。
落ちるかも!って心配は無用なので。

結論からいうと、これは良い買い物でした。

【SIMフリー端末】 Nexus5 → FREETEL Priori3S LTE買いました。

実は、大容量バッテリーを搭載したPriori3Sの後継機Priori4が1月27日に14800円でバッテリー容量は4000mahのまま発売されます!!

もはやモンスター級の大容量バッテリーを搭載したUlefone Power

ulefone power

OS Android5.1
ディスプレイ 5.5inch/1920×1080(FHD)
メモリ 3GB
容量 16GB
バッテリー容量 6050mah
メインカメラ 1300万画素
サブカメラ 500万画素

この格安スマホはブラックとホワイトとウッドの3種類のデザインから選択できます。

また6050mahとモンスター級の大容量なバッテリーを搭載しながらも価格は1万円台に抑えてあり、

コスパは今回紹介する格安スマホの中では最強だと思います。

メモリも3GBあるため高パフォーマンスなゲームをしてもカクつくことは少ないです。

モンスター級の大容量バッテリーを搭載したコスパ最強なUlefone Powerの評判

メーカー公称値6,050mAのバッテリーは最初半信半疑だったのですが、実際に使ってみると驚くほど全然減りません。ちょっと大きめのモバイルバッテリー級の容量は伊達じゃなかったです。4日間結構使っている割にまだ23%も残っています。スタンバイ状態で75日、連続通話時間63時間、通常使用4日間という情報は本物です。

他のスマホとは一味違う「ulefone Power」は中華スマホと舐めてはいけない完成度の高さだった

ASUSが手がけた大容量なバッテリーを搭載する元祖格安スマホZenfone Max

zonfone max

OS Android5.0
ディスプレイ 5.5inch/1280×720(HD IPS)
メモリ 2GB
容量 16GB
バッテリー容量 5000mah
メインカメラ 1300万画素
サブカメラ 500万画素

ASUSのZenfone Maxシリーズで言うと第2世代目である当機種だが、

実は1月中旬にZenfone3 Maxが発売することが決まっている。

しかしZenfone3 Maxはバッテリー容量が4130mahとZenfone Max第2世代より900mahほど減ってしまっている。

よって大容量なバッテリーを搭載する格安スマホをお買い求めするのであれば、

今のうちに第二世代のZenfone Maxを購入することが良いだろう。

ASUSが手がけた大容量バッテリーを搭載した元祖格安スマホZenfone Maxの評判

使い始めて2ヶ月ほど経つが「充電なしで2日持つ」のはほぼ間違いない。

Zenfone Maxを1ヶ月使用したレビュー!バッテリーは充電なしで2日間余裕で持つ

まとめ

今回は値段もリーズナブルでコスパが最強で大容量バッテリーを搭載した格安スマホを紹介しました。

最近ではこのような機種が一万円台から手に入り競争率も高くなっているため、

今後も大容量なバッテリーを搭載した格安スマホの登場に期待です。

スポンサーリンク

シェアする



URLをコピーする

関連記事