iPhone6s Plusをヤフオクで売却してiPhone7 Plusに機種変更 iPhoneを高く売るコツ

こんにちは。

ライターのRH@Gadgedです。

最近、いわゆるクラウドソーシングサービスに登録しまして販売系のお仕事の採用をいただいたところでありました。これで僕の副業が3つに膨れ上がりそれに比例して収入も増えてきているのでウハウハです(笑)

はい。話はiPhone7 Plusレビューの続きです。

機種変更してから1週間が経過しましたが、周りで予約をしている知人に関しては在庫確保が難しく、入荷未定とのことです。おかげさまで自慢できる素材ができたかとw

使い心地ですが、前回のレビュー記事で書いたことそのままといった感じで画面の綺麗さ、カメラ性能に興奮しています。

そんなことばかり書いていてもキリがないので、以前使っていたiPhone6s Plusのその後について触れていきたいと思います。

スポンサーリンク

iPhone6s Plusを売却

日常的にヤフオク出品しているので、iPhone6s Plusの売却先ももちろんヤフオクです。

ムスビーも考えましたが、やはり見ている人が多いのは圧倒的にヤフオクという結果に至ったのでいつもどおりの出品です。

出品ページ。

iPhone ヤフオク

落札価格51,000円

即決70,000円はさすがに特典をつけても無謀でした(笑)

それでも中古品の中ではまあまあの値段ではないかと思っています。

iPhone6s Plusに機種変更したのはちょうど1年前ですが、今年の2月に新品交換したので実質使った期間は7ヶ月くらいなもんです。

高値で売るポイント

①できるだけキレイに使う!

基本中の基本ですが、iPhone本体になるべく傷や汚れをつけないことが一番重要です。

僕のように毎年買い換える人はケースでフルカバーしながら保護ガラス等で完全防御しているので相当衝撃を加えない限りは傷とかは入らないと思っています。

しかしそうでない人も普段からケースとフィルムで保護してあげると後々売るときに楽ですのでまずはキレイに使うことから。です!

②付属品はできるだけ使わない

iPhoneの付属品というと、EarPods、Lightningケーブル、ACアダプタが基本になっています。(7からは変更)

それも未使用の状態で付属しておくだけで値段はあがるので極力手を付けないようにしましょう。ちなみに付属品だけでも単品で揃えるとウン千円するレベルなので。逆に言うと付属品だけでも売ることは可能なわけです。

充電ケーブルなんかは前から使っているモノを使い続けるか、安めの社外品を別で用意するなどしておきましょう。

③箱も保管しておく

iPhoneの箱というのはすごく精密にできていて、黄金比で設計されているようなことをどっかで聞いた覚えがあります。

箱の有り無しでも値段の付き方が大きく変わってくるのでキレイな状態で保管しておくようにすると良いでしょう。箱だけを集める人とかも実際にいますからねー。

④特典(オマケ)をつけると尚よし!

オマケというとサービス的な印象ですが、iPhoneでいうところのケースなどのちょっとしたアクセサリーをつけると良いです。サービスといえばそれまでですが、買い手の心理としては他にアクセサリーを用意しなくてもいい!となるでしょう。それに加え、新機種で引き継ぎがきかないものだと持っていてもしょうがないですから、処分も兼ねてつけてみましょう。

⑤タイトルは賑やかに!情報をつぎ込む

たとえば、「美品」という単語を入れるだけで閲覧数はグンとあがります。文字数が少ないタイトルよりも惹きつけられるので、出来る限りの情報をいれることが重要です。

さらには、☆記号やカッコで枠付したりするとそうでないものに比べて目立ちますので見てもらえるチャンスは大いに上がります。

⑥できればSIMロック解除をしておく

iPhoneの場合6sからしか対応していませんが、SIMロック解除は必須項目です。

手続きはネットから無料でできます。少し日にちはかかりますがSIMフリーにしておきましょう。そうすると使える幅が広がりますから。

僕の場合SIMフリー化してSoftBankの回線をつかっていたのでそのまま売りに出した形になります。

スポンサードリンク

毎年の買い替えでもそれほど高くない

iPhoneの買い替えなんかはお金がかかると思われがちです。厳密に言うとかかるのですが、売るときのことを考えましょう。iPhoneにかぎらず何でもそうですが、Premiereとかじゃない限り月日を追うごとに価値はどんどんさがっていきます。

まだ1年前のモデルならある程度の値段をつけることは十分可能なので、値段が下がる前に売る。それを軍事金にして買い換えるというスタンスです。

数年も経てばほとんど価値ゼロ同然なんてのもありえますので、そうなる前に売ってしまおうという戦略です。そのために高く売れるポイントをおさえておきましょう。

買い換えると言っても分割で払うか、一括で払ってしまうかの2択がありますが僕は一括のほうが後々楽だと思っています。初期費用が高額ですが。

キャリアと契約している場合一括で払ってしまえば毎月数千円の割引をフル活用することができるので、月々の支払いがとーっても軽くなります。それに来年売却となったときにも残債を払うという手間もはぶけますので、圧倒的に楽です。

旧機種を売ったときのお金で新機種の一括金を賄うのは到底不可能ですが、毎月の支払いの軽さでバックされるのでプラマイゼロみたいな感覚です。僕としては。

まとめると、iPhone6s Plusが51,000円で売れたのに対しiPhone7 Plusが99,000円したので48,000円の負担。ですが、毎月の支払いで回収できることと、個人的ですがアフィとかで賄える金額であるということです。

最後までご覧いただきありがとうございました!

RHapgd
ガジェット大好きな北海道は函館で生活している高校2年生です!

基本的にはアップル推し、たまにWindowsも使ったりします。 夢はウェブデザイナー。 現在、WordPressのデザイン基礎となるPHP、CSSを地道に勉強中です!

スポンサーリンク

シェアする



URLをコピーする