iPhone7 Plusのデュアルカメラ性能を検証してみた 1日使ってみてのレビュー

こんにちは!

ライターのRH@Gadgetです。

おかげさまでiPhone7 Plusの開封儀式記事が好調な感じです。見てくれた方ありがとうございます!

今回はその続編になります。今日は祝日で授業も部活もない日、お出かけをしてきました。

そのついで的な感じでiPhone7 Plusのデュアルカメラで写真を撮ってやろうじゃないか!ってことで写りの良さそうな場所で撮影してきました。

では早速!

スポンサーリンク

鮮やかな写りが特徴的なカメラ

場所は函館屈指の観光景色スポット、五稜郭公園です。祝日ということもあってか観光客の姿が目立ちました。

ここは五稜郭タワーから少しだけ歩いたところにあるベンチで撮影。

空の色合いといい、水に反射している色調がなんとも美しい!その特徴をしっかり捉えている感じです。

ちなみに編集・加工などは一切しておりません!

五稜郭公園

同じポイントから、デュアルレンズの目玉機能でもある10倍ズームで撮ってみました。上の写真の奥に見える山を撮っています。

iPhone7 plus カメラ

これだけズームしても色味がしっかりしていて、形もクッキリ見えるというのが凄い!6s Plus時代にズームをして写真を撮るというシーンがあまりなかったので進化的な実感はあまり得られませんでしたが、これだけ見てもデュアルレンズの凄さにビックリ。

続いては少し戻りまして、五稜郭タワーをパシャリ!

iPhone7 カメラ

位置的に太陽光があまり映り込む場所ではなかったので地味な一枚となってしまいましたw

この写真はスクエア、標準倍率で撮影。

続いて別視点からの五稜郭タワーを。

iPhone カメラ

こちらはあえて照明ポイントをずらして暗く撮ってみました。

暗くしても反射しているところはしっかり表現されていて、暗いところの撮影にも向いているでしょう。今度機会があれば夜に取撮りに行きたいと思っています。

レビュー編

バッテリー持ちがとにかくいい!

iPhone7 Plusに機種変更したのが9月17日の19時半ころ。

そこから帰宅してバックアップから復元したりとかやりまして、その日のうちにバッテリー残量100%にしておきました。満タンにしてからチョイ使いはしましたが。

そこから次の日部活もありましたが今まで通り普通に使っていた状態です。ネットしたり、Twitterでつぶやいたり、YouTube見たり、LINEしたり(通話含む)、軽くゲームしたりみたいな使い方です。この日寝るときのバッテリー残量が50%くらいだったと思います。

そしてこの記事を書いている今日、一日お休みだったのでフルに使いました。外出先でも。

今現在の残量はなんと驚きの32%!!

バッテリー持ち良すぎです!

なぜこんなにも持ちがいいのかというと、発表会でも言っていましたがプロセッサがA10 Fusionプロセッサというものになりバッテリー容量は6s Plusと比べて3%減少しましたが省電力化された恩恵もあり、とっても長持ちになったというわけ。

正直6s Plusのときでも極端に減りが速いとかは感じませんでしたが、3日も余裕だと素晴らしいと感じるばかり。

ホームボタンの使い心地が良い

今回からホームボタンが物理的に凹まなくなり、感圧センサー式へと変わりました。

ホームボタンを押すと3D Touchのように指圧を認識して画面ごとバイブレーションする仕組みです。最初は押した感覚がなく慣れるのに時間かかるなー、とか思っていましたが案外そうでもなくて沈み込む感覚が心地良いです。久々にTouch IDも発動させています。

ステレオ音量がバカでかい

下のスピーカー数が増えたこと、ステレオ仕様になったことで本体から発する音がとてつもなく大きくなりました。特に気になるのはカメラのシャッター音。

ちょっと大きめなので気になりますねー。スクショするときに音をかき消そうと抑えようとしても上下両方押さえることはほぼ不可能に近いのでそこが難点。

ただ、動画再生時の臨場感は格段に増しています!

ケース類に関して

機種変更した日のうちにアクセサリを揃えたかったので帰りにケーズデンキでケースとフィルムを買ったというところまで書いていたような気がします。その感想を。

まずケースから。

ローズゴールドの色を活かしつつも完全保護したかったのでハードケースは却下、オールTPUケースも考えましたが背面のごむっぽい感じがどうも好きになれないので選んだのがこちら。

側面がTPUで衝撃緩和、背面がポリカーボネート樹脂でクリアというタイプです。

程よいグリップが効いてて見栄えも悪くなく、iPhone本体の色味をそのまま再現できます。今のところ大満足!

そしてフィルムですが、当初はガラスタイプが良かったのですが安めのがなかったので仕方なく高光沢防指紋タイプをチョイス。

このごろずーっとガラスしか貼っていなかったのでフィルムのペタペタ感が心配でしたが、全然そんなこともなくツルツルとした表面加工がされています。

光沢タイプの醍醐味として画面が鮮やかというのがありますが、せっかくRetinaが進化したのでと思い光沢を選びました。指紋もそこまで目立ちません!

このセット、オススメです!

最後にiPhone6s PlusとiPhone7 Plusの2ショット。

iPhone6splus iPhone7plus

最後までご覧いただきありがとうございました!

スポンサーリンク

シェアする



URLをコピーする

関連記事