多言語対応の翻訳アプリVoiceTraを紹介します。

シェアする



はじめまして!

今回からこのブログで記事の執筆をさせていただくことになりました『LightBells』と申します。

みなさまの興味にビシっとマッチする記事をどしどし量産させていきたいと思っております。

しかし、初めての記事投稿ということで、手が震えてミスタイプばかりが量産されていきます(泣)

そんなどうでもいいことはさておき、今回は多言語通訳アプリの『VoiceTra』を紹介させていただきたいと思います。

東京五輪に向けて国際化の機運が高まっていますので、スマホに常備しておきたいアプリの一つですね。

実はコレ、iPhoneアプリとしてはかなり前から有名だったので、知っている方ももしかしたら多いかもしれません。

ですが、Android版の使い方の説明記事が全く無い事に気づきまして、記事を執筆させていただきました。

スポンサーリンク

VoiceTraで Let’s『国際交流』!

『VoiceTra』とは?

まず、このアプリ『VoiceTra』とはどんなアプリなのか説明したいと思います。

……といっても、初めに紹介した通り『多言語対応の通訳アプリ』という一言で説明できてしまいます。

UIも至ってシンプルで、一回もこのアプリを使ったことが無い人でも直感的に操作することができると思います。

記事執筆時点では、試用版を含めると29か国語に対応しているそうです。対応言語はこちらに表記されています。

注意すべき点として、このアプリは研究開発のために無償で公開されているため、会話内容が提供元である情報通信研究機構(NICT)のサーバーに記録されてしまいます。

機密事項、プライバシーに関わる会話では『VoiceTra』を使用しないことをおすすめします。

『VoiceTra』の使い方

まずは使用言語設定をします。標準ではEnglish(英語)⇔日本語の翻訳に設定されています。

違う言語を使用したい場合は灰色に表示されている『English』の部分を長押しします。(画像では赤丸で囲ってある場所です。)

初期画面

すると、使用可能言語の一覧が出てくるので使用したい相手の言語を選んで(または選んでもらって)OKボタンを押せば言語が設定されます。

言語選択画面

自分が話したことを翻訳したい場合は、画面下のマイクマークをタップすることで音声認識が開始されます。

音声認識中の画面

もう一度マイクマークを押すと音声認識が終了し、相手言語への翻訳が行われます。

翻訳処理中の画面 翻訳結果画面

相手が話したことを翻訳したい場合は左から右に言語が表示されている部分をスワイプすることで相手言語から日本語への翻訳モードになります。

言語の切替画面 言語切り換え後の画面

あとの手順は自分が話すときと全く同じです。

マイクマークを押し、話し終わったらもう一度マイクボタンを押せば相手の話したことが日本語に翻訳されます。

ペンマークを押せば、手入力も可能です。

……ですが、これだけでは通常の翻訳アプリと何も変わりません。Google翻訳だってこの程度ならやってくれます。

『VoiceTra』の特徴

この『VoiceTra』の特徴は、近接センサーを利用して、耳に近づけるだけで音声認識が起動してくれることです。

『それだけ?』と思ったそこのアナタ? この便利さは実際に使ってみないとわかりませんよ。

先日、外国人の知人と話をする機会がありましたので、良い機会だと思いこのアプリを試してみました。

認識精度は良く、はっきり発音すればばっちり認識してくれました。

耳に近づけて音声入力するため、必然的にマイクとの距離が近くなり雑音が入りにくいからでしょう。

しかし人ごみの中など周囲の雑音が大きい場合には認識しづらいようです。

もう一つの特徴は、相手言語に翻訳した後、自分の言語に再翻訳してくれるということです。

機械翻訳だと、どうしても正しい言葉に翻訳できないことがあります。

例えば、『板前さんは寿司を握るのがとても速いですね』を翻訳すると……『握り寿司のシェフが激しいですね』となってしまいます。

握り寿司のシェフが激しいですね。荒ぶってるんでしょうか?

知人はこの翻訳でもなんとなく意味をつかんでくれたようですが……

たまに意味不明な翻訳をすることがあるので、この機能で確認してから見せるように気を付けましょう!

まとめ

無料、かつ非常に優秀なアプリですので、スマートフォンにインストールしておいて損は無いと思います。

容量も20MB程度と軽量です。

VoiceTraの使用容量

しかし、インターネット接続環境下でなければ翻訳できませんので、万が一にも『圏外で翻訳できない!』なんてことになりたくない場合は、オフライン利用可能な別の翻訳アプリ(Google翻訳など)も同時にインストールすることをおすすめしたいと思います。

再度申し上げることになりますが、会話内容はNICTのサーバーに記録されます。機密、個人情報などはこのアプリを使わずに話しましょう。

拙い文章ですが、ここまで読んでくださった皆様、本当にありがとうございます。

では、また別の記事でお会いしましょう。

See you next time♪

スポンサーリンク

シェアする



オススメ記事