Galaxy S7 edgeをクイックレビュー!iPhoneユーザーも惹かれる魅力的な最新スマホ

こんにちは!ライターのRH@Gadgetです。

今年の2月に海外では発売されていたサムスンのフラッグシップスマートフォン、Galaxy S7 edgeですが、今年の夏モデルとしてやっとのことで国内発売されましたね。

Galaxyユーザーとしては待ち遠しくてたまらなかったみたいですね。iPhoneユーザーの僕としては特に興味もなかったのですが、少しだけ使う機会があったので、簡単ですがクイックレビュー的な感じでやってみたいと思いますぅ!

まずは外観デザインから

galaxy s7 edge

edgeモデルということもあり、側面が曲がりを含んだデザインになっています。

このedge部分は機能的にとても優れているようで、まぁディスプレイの一部なんですよね。

アプリケーションを動作させながらタスクバー的な機能をはたしてくれるような割と使えるゾーンになっています。

僕も実際に使わせていただきましたが、切り替えがとてもスムーズで感動しましたよ。

galaxy s7 edge

裏面はこんな感じ。綺麗なデザインです。

galaxy s7 edge

このガラスデザインがまたいい感じでした。

ケースをつけずに使いたくなるほど手触りが良いですw

確かにガラスであれば割れる危険性もなくはないですが、とりあえずやばいっす。

全体的なデザインがiPhoneを意識しているような気がしなくもないですが...w

ちなみにGalaxyのロゴって若干意匠変更されているんですね。S6のときからでしょうか?

スポンサーリンク

プロセッサがさらに3D処理に強くなった

ここからは先代からの進化的なお話ですが、プロセッサがとりあえずフラッグシップ相応のものが搭載されています。

最新モデルの「SnapDragon 820」が搭載されています。

これはSnapDragonシリーズの中でも最強と言われる最新プロセッサです。

SnapDragon 820

このプロセッサのすごいと謳われるポイントとしては、3Dグラフィックス処理に関する項目がすべてハイレベルな結果で、重めの映像でもとてもスムーズに滑らかに流れていきます。

Galaxy S7 edgeのスペック詳細

サイズ 高さ 約 151 x 幅 73 x 厚さ 7.7 mm
重量 約158g
電池容量 3,600mAh
内蔵メモリ(RAM) 4GB
内蔵メモリ(ROM) 32GB
外部メモリ(SDカード) 対応(最大200GBまで)
ディスプレイ 約5.5インチ Quad HD(2560×1440)Super AMOLEDディスプレイ
OS Android 6.0(開発コード名:Marshmallow)
CPU Qualcomm Snapdragon 820 64bit Quad-Core(2.2Ghz Dual-Core+1.6GHz Dual-Core)
防水 IPX5/8相当
防塵 IP6X相当
Wi-Fi規格 IEEE 802.11 a/b/g/n/ac(2.4GHz/5GHz)
Bluetooth規格 Bluetooth 4.2
メインカメラ 約1,220万画素
サブカメラ 約500万画素
その他 ワンセグ/フルセグ、ハイレゾ音源再生、おサイフケータイ、NFC

といいたように至れり尽くせりの最強仕様です。

ちなみに、GALAXY S6では廃止された外部メモリ(SDカードスロット)や防水機能が今回再度復活となりました。

やはり拡張性を求める声が多かったのでしょう。

カメラもすごかった

最新のAndroid6.0やカメラも魅力的です。

galaxys7 カメラ

実はGalaxy S7 edgeに搭載されているカメラは世界最強と言われるばかりのとにかく凄いカメラなんです。

iPhone6sのカメラが一眼レフ泣かせといわれていましたが、それを遥かに上回る性能を発揮しています。

1,220万画素のデュアルピクセルCMOSを搭載していますが、実質的には2400万相当のデータを処理しているのだとか。

ちなみにこのカメラ、キャノンの高級一眼レフEOS70Dをベースにして、スマートフォン用にカスタマイズされたものが搭載されているようです。

画素数だけで見ると先代よりもグレードダウンしているように伺えますが、センサー類の技術によってその部分を補っているようです。

結果、iPhoneユーザーも惹かれる魅力がある

今回Galaxyに触れてみて、iPhoneユーザー的な観点としてはAndroidとしての機能性が高いことと、そのソフトウェアの良さをハードウェアでしっかり引き立たせている部分が魅力的に思えます。

ずっとiPhoneばっかり使っていると直感的な操作が基準になってしまい、Androidのように自由度が高くなるとむしろ使いこなせないようなこともあるようですが、Galaxy S7 edgeに関してはそのような引っ掛かりが特にないように思えます。

では今すぐ買い替えれるか?と問われると少し答えづらいモノがありますが、誰しもこのハイスペックぶりと、使い勝手の良さに惹かれることでしょう。

お値段は実質0円が効かなくなり負担する金額が大きくなりますが、世界最強レベルのハイスペックを手に入れれたと考えれば妥当ではないでしょうか。

ちなみに僕は9月に発売予定のiPhone7 Plusを買いますが。(仮)

最後までご覧いただきありがとうございました!

スポンサーリンク

シェアする



URLをコピーする

関連記事