【WWDC2016】ついにきたiOS10!史上最強のアップデートでよりオープンに

シェアする



URLをコピーする
【WWDC2016】ついにきたiOS10!史上最強のアップデートでよりオープンに
https://fwww7.com/2016/06/14/%e3%80%90wwdc2016%e3%80%91%e3%81%a4%e3%81%84%e3%81%ab%e3%81%8d%e3%81%9fios10%ef%bc%81%e5%8f%b2%e4%b8%8a%e6%9c%80%e5%bc%b7%e3%81%ae%e3%82%a2%e3%83%83%e3%83%97%e3%83%87%e3%83%bc%e3%83%88%e3%81%a7/

こんにちは!ライターのRH@Gadgetです。

本日深夜2時ころから行われていたWWDC2016についての記事を軽く書いておきたいと思い、テキストで起こしていますw

というのも、当初はライブストリーミングする予定だったのですが、すっかり忘れていたのと、眠気に負けてしまい普通にぐーっすり眠ってしまったため、見ることができませんでしたw

朝ツイッターをのぞいてみたらiOS10がすごすぎるっぽいので、早速まとめに入ってみま~す。

スポンサーリンク

ロック画面の機能が充実に

iOS7の時にもリデザインされたロック画面ですが、完全に高機能化されました。

通知が来た場合、今までの仕様ではそこからアプリに飛んでから返信などのアクションをすることになっていましたが、ロック画面上でのアクションが可能となったようです。急ぎの時や通勤中などはかなり重宝しそうです。

ios10

また、3D Touchを使って溜まりにたまった通知を一括削除できたり、ミュージックやカメラに飛べるショートカットも用意されています。

iso10 ロック画面

また、細かい部分ですが横に置いてあるiPhoneを持ち上げるだけでスリープ状態から復帰することができるようにもなったようです。

ロック解除として横にスライドする動作はなくなる方向性なのでしょうか。

Siriのオープン化

一週間あたりのSiriに対するリクエストは数億にも達するようで、ユーザーが多くなった分リクエストのバリエーションも増えてきているとのこと。

それに対応すべく、Siriを開発者向けにオープンな状態にしてより多くのアプリケーションに対応できるようになりました。

ios10 siri

WWDCの壇上では「We Chat」というコミュニケーションアプリでの説明でした。

オープン化されたことにより、これから先今までSiriをあまり使わなかったユーザーにもSiriが大いに定着する時が来るのは間違いありません!

Quick Typeがより賢く

ディープラーニングというモノを使って、Quick Typeキーボードを一段と賢くしました。

ios10

Quick TypeとはSiriを用いた入力補助機能のことで、新機能としてメッセージで相手から連絡先を尋ねられた時、Siriがその連絡先を検索して、自動的に候補入力してくれるというところまでできるようになりました。

連絡先だけではなく、位置情報やカレンダーの情報も検索してくれます。

写真アプリが人工知能に

標準の写真アプリにおいて、画像認識機能いう素晴らしいものが搭載されました。

ios10

写真アプリに搭載された人工知能が写真の人物や背景などを識別して、フォルダ分けしてくれる機能が追加されています。

カメラロールにある写真が多くなってきた時の救世主ですね!

その他変更点

あとの進化は、電話機能が賢くなったりAppleミュージックの全刷新や、標準アプリの削除が可能になったりといった感じでしょうか。なお、削除した標準アプリに関しては、App Storeで再度ダウンロード可能とのこと。

全体的に見て、Androidを取り入れている傾向がありますねw

時代の流れ的には仕方のないことなのでしょうか。

スポンサーリンク

シェアする



URLをコピーする
【WWDC2016】ついにきたiOS10!史上最強のアップデートでよりオープンに
https://fwww7.com/2016/06/14/%e3%80%90wwdc2016%e3%80%91%e3%81%a4%e3%81%84%e3%81%ab%e3%81%8d%e3%81%9fios10%ef%bc%81%e5%8f%b2%e4%b8%8a%e6%9c%80%e5%bc%b7%e3%81%ae%e3%82%a2%e3%83%83%e3%83%97%e3%83%87%e3%83%bc%e3%83%88%e3%81%a7/

オススメ記事