フィルタリング回避方法や仕組みを紹介

どうも!IT大好きFwwwです

今回は、フィルタリングを回避するための方法を紹介していきたいと思います。

そもそも、こんなことを記事化しようと思ったのには訳があります。

実はNewニンテンドー3DSには、標準でフィルタリングがかかっており、無料では解除できないらしいのです。

ですが、今回紹介する方法の幾つかでフィルタリングを回避することができました。

ですのでそれを記事化する上で、他の端末やPCでフィルタリングを回避する方法もまとめておきたいと思い、執筆するに至ったわけです。

※尚クレジットカードで30円(税別)の手数料を払えば、Newニンテンドー3DSのフィルタリングを解除できるようです。

スポンサーリンク

各種端末(AndroidやiOS)やパソコン(Windows、Mac)、3DSでフィルタリングを回避しよう!

まずフィルタリングとは何なのか

フィルタリングとは、選別、濾過などの意味を持つ英単語。ITの分野では、一定の条件に基づいてデータなどを選別・排除する仕組みのことを指す。

ネットワークの境界などに設置されたファイアウォールやルータなどが、内外で送受信されるデータのまとまり(パケット)の中から一定の基準に基づいて不正なものを検知し、破棄する機能を「パケットフィルタリング」という。

メールソフトやメールサーバなどが、受信したメールの内容や添付ファイルなどから迷惑メールやウイルスメールと疑わしいメールを選別し、専用のフォルダに集めたり破棄する機能を「スパムフィルタリング」あるいは「メールフィルタリング」などという。

現在では、単にフィルタリングといった場合には、青少年保護などを目的として、インターネット上にある性的あるいは反社会的な情報を含んだサービスやサイトを一定の基準に基づいて選別し、青少年の利用する携帯電話やWebブラウザから閲覧できないようにするシステムやサービスなどのこと(コンテンツフィルタリング、未成年フィルタリング)を指すことが多い。

IT用語辞典ではこう書いてありますが、簡単に言えば機器やソフト、ネットワーク単位で特定のサイトに閲覧制限をかけることです。

例としては

機器無線LAN側でサイト閲覧制限(フィルタリング)をかける

ソフトi-フィルターなどがよく使われています

ネットワーク:ドコモのSPモードフィルタやauの安心アクセス for Android、ソフトバンクのウェブ安心サービスなどがあたります

と言った物があります。

それでもフィルタリングを回避したい

フィルタリングを回避したいと思うのは閲覧したいサイトが閲覧できないからです。

ですので、フィルタリングがかかっていて困っている方のために、回避するための方法をご紹介しようと思います。

1462326949625

WEBプロキシサイト経由で特定のサイトを閲覧してフィルタリング回避

僕が中学生の頃学校のPCのフィルタリングを回避するために使用しておりました。

方法は簡単で、閲覧したいサイトのアドレスをコピーして、上記サイトに行きfreeのプロキシを選択するだけです。

Freeかどうかは赤枠で囲ったところを確認すれば分かります。

Freeのプロキシを選択

上記サイトにアクセスできない場合を考えて他サイトも紹介しておきます

ゲッタープロキシで有能なプロキシを探して手動で設定すればフィルタリング回避ができる

この方法は国内最大級のプロキシリスト紹介サイトであるゲッタープロキシで、有能そうなプロキシを探してブラウザなどでプロキシを設定しフィルタリング回避!!という方法です。

上記サイトにアクセスすると分かるのですが、多くのプロキシがリストアップされ、リアルタイムで更新されています。

サイドバーには最新やオススメ、2ch対応プロキシの他に各州ごとのプロキシも公開されています。

プロキシリスト

会員登録をすれば、信頼性の高いプロキシを表示できるようにもなります。

プロキシのリストは下記のような形式で紹介されています。

プロキシ例

この場合

43.226.162.107

がプロキシのIPアドレスです。

:以降の

80

がポート番号です。

設定するにはIPアドレスとポート番号を手動設定する必要があります。

方法についてはゲッタープロキシのサイトで紹介されておりましたのでそちらを参考にしてください。

Windowsでの設定方法↓

iOSでの設定方法は↓

Androidでのプロキシ設定方法を詳しく書いてあるサイトが見当たらなかったため以下に記しておきます。

1、設定アプリのWifiを開いて接続済みのWifiを長押しして、『ネットワークを変更』をタップ

接続済みWifi

2、詳細設定項目にチェックをして、プロキシのホスト名にIPアドレスを入力してプロキシポートにポート番号を入力して保存するだけです!!

Androidプロキシ設定

Chromeでデータセーバーをオンにしてフィルタリング回避

Google ChromeではGoogleからデータを圧縮して端末に転送してくれるデータセーバーという機能があります。

その過程でGoogleがページを開いて圧縮してくれるのでユーザーが閲覧するページはGoogleが圧縮した安全なページになります。

この方法でフィルタリング回避ができます。

設定の方法は、

まずChromeを開いて右上のメニューボタンを押します。

Google Chrome設定

次にメニューの中にある設定を開きます。

Chrome 設定

そして詳細設定にあるデータセーバーを開きます。

最後にデータセーバーをオンにしてください。

Chrome データセーバーオン

こうすればフィルタリング回避だけでなくデータも圧縮転送してくれるので、

データ量の節約にもなりますね!

Operaブラウザを使ってフィルタリング回避

この方法は結構有名です。

実際に僕のスマホがドコモのフィルタリングかかっていたときはこれ回避していました。

仕組みは簡単です。

Operaってページを圧縮して転送してくれますよね?

それって、Operaのサーバー経由で圧縮してデータの受け渡しをしているんです。

もっと簡単に言えばOperaが先にサイトに訪問して圧縮してからデータを私たちに受け渡しているということです。

Operaが訪問してくれてるんだからフィルタリングサービスに引っかかることはないということです。

ということで、AndroidやiOSを使用している方はOperaでフィルタリングを回避することをおすすめします。

Puffin Web Browserでフィルタリング回避

Puffin Web BrowserでもOperaブラウザのようにデーターセンターからページを圧縮してデーターとして送られ表示するという仕組みであるので、フィルタリング回避をすることができます。

VPNに接続してフィルタリング回避

僕がOperaでフィルタリング回避をする以前はこのVPNでフィルタリングを回避していました。

ソフト版同士とアプリ版同士では、接続する方法がほぼ同じなのでAndroid版とWindows版の紹介だけさせていただきます。

僕のAndroid環境ではうまくいかなかったのですが、「Hotspot Shield」というアプリが有名で、iOSやWindowsPhoneでも使用できるため、個人的にはおすすめです。

VPNでフィルタリング回避(Android編)

Androidで使用するVPNアプリとして今回紹介するのは「Betternet」というアプリです。

初心者の方でもアプリをインストールして手順に沿ってタップしていくだけなので、すぐにVPNに接続することができますよ。

1、Google PlayでBetternetをダウンロード&インストールする

BetternetのGooglePlayへのリンクは下記となっています

Betternet

2、画面の手順に沿ってタップしていく

Betternetを起動したら「Hi There」と表示されるので、

横にスワイプをして次の画面に来たら「Let’s GO」ボタンをタップしましょう

Betternet Let's GO

すると次のような画面になるので、「Unblocking」を選択して

「Yes, This is it!」をタップします。

Betternet 選択

※なお上記の画面の「Being Anonymous」というのは匿名性を重視する場合に選択し、

一番下の「Streamin」というのは多分有料コンテンツを海外IPアドレスから見れちゃうようにするんではないでしょうか。

詳しくないのでわかりませんが、間違っていたらすみません。

次にVPNに接続する画面になるので、

CONNECTボタンで接続してやりましょう。

Betternet disconect

無事にVPNに接続することができたらこんな画面になります。

Betternet 接続成功

VPNでフィルタリング回避(Windows編)

Windows版でのフィルタリング回避は、先ほどご紹介した「Hotspot Shield」というソフトを使用する方法です。

こちらはわかりやすく解説されているサイトがありましたので、そちらを参考にしてください。

Tor Browserを利用してフィルタリング回避

Torとは↓

Tor(トーア、英語: The Onion Router)とは、TCP/IPにおける接続経路の匿名化を実現するための規格

Wikipediaでは次のように表記されていますが、簡単に言えば通信の匿名化によってフィルタリングを回避しちゃおうという感じです。

※本来の目的はフィルタリング回避ではありません。詳しくはググってくださいw

今回の方法ではLinuxもいけます

Windows版のTor Browserは以下のサイトにあります

使い方については下記のサイトを参考にしてください

これが最終手段!!Google翻訳でフィルタリング回避!!

上記方法を全て試したが、全てフィルタリングがかかってダメだったという方にイチオシの最終手段です。

記事執筆時点での目的であるNewニンテンドー3DSのフィルタリングを唯一この方法で回避可能です。

これまで紹介してきた方法でフィルタリングを回避できなかった方々、安心してください

Google翻訳をフィルタリングしてるサービスはないはずですから。

ということでさっそくGoogle翻訳のサイトに行きましょう

方法は簡単です

入力元を英語にし出力元を日本語にして、テキストBOXに任意のURLを入力して翻訳ボタンを押すだけです!

Google翻訳でフィルタリング回避

もちろん翻訳しながらブラウジングも可能ですよ♪

Google翻訳でブラウジング

遅くなりましたが今回の方法でフィルタリングを回避できる仕組みは至ってシンプルです

Google翻訳でブラウジング中は上記のURL形式になります

フィルタリングをかける側はURL単位でアクセスできないようにしていることが多いです

だからURLが変わったらフィルターをかけていないサイトだと認識して回避できるんです

最近ではコンテンツを検出して自動でフィルタリングかけてくれるようなサービスもありますが、Google翻訳で回避できるなんてことまだまだあるそうです

まとめ

今回ご紹介したフィルタリングを回避する方法はいかがでしたか?

大抵の場合今回紹介した方法で回避できます

もし回避できなかったら素直にあきらめましょう

この記事が役に立ったらシェアして他の方にも教えてあげてくださいね

最後まで読んでいただきありがとうございましたm(_)m

スポンサーリンク

シェアする



URLをコピーする

関連記事

コメント

  1. たくみ より:

    あのぉちょっといいですか?自分はnew3DSブラウザでのフィルタリングを見させてもらい実際にこの方法でAmazonを開こうとしたのですが、英語を入力元、日本語を出力元で開こうとしたら既に翻訳されてます。と出たので一度逆にして開いたサイトに出ている翻訳タブ?を使って英語と日本語をまた元に戻したら通常通り開けて直ぐにお気に入りに登録しました(^_^;)どうやら一筋縄ではいかないみたいですね。