まるごとテーマ変更ができる「DreamBoard」がiOS9に対応したので使ってみた!のだが…。

シェアする



こんにちは!ライターのRH@Gadgetです。

いやぁ?、完全に出遅れですが、11月は中旬ころにDreamBoardがアップデートでiOS9に対応したそうなので、さっそくつかってみました!

(もっと早く気付けよ俺w)

スポンサーリンク

そもそもDreamBoardとは?

まずはじめにDreamBoardについての説明を簡単にしておきます。

DreamBoardとは、iOSのデザインをガッツリ丸ごと変えられる脱獄アプリです。

以前にWinterBoardの記事を書きましたが、これはiOSの原型をあまり買えずにアイコンなどをカスタムするものでしたが、こちらはもう根本的に変えてしまおう!という脱獄アプリになっています。

そして今回、ついにiOS9に対応したということでご紹介します!

早速インストール!

Cydiaで「DreamBoard」と検索すればいろいろと出てくるのですが、iOS9に対応しているのはVer2.0.3なので、1.xxなどはインストールしないように注意しましょう。セーフモードに入りますw

dreamboard

テーマをインストール

CydiaにはDreamBoard用にテーマが分けられています。

Theme(DreamBoard)というフォルダからインストール可能です。

ということで今回はEl Capitanのテーマを適用させたいと思います!

elcapitan

この際にはリスプリングは不要。DreamBoardを起動するだけで使えます。

DreamBorad起動!テーマを選ぶ画面はこんな感じ。

dreamboard

インストールしたEl Capitanを適用させてみます。

んんっ!?!?!?

IMG_7156

テーマが小さいやないかぁぁああ!!!

簡単に言うと、iPhone6sPlusの画面サイズに対応していないということですねw

使えないわけではないのですが、ちょっと気になる。小さくて使いづらいのもあります。

この後、いろいろと探ってみましたが、Plusに対応しているテーマがでてこない…。

1年以上立ちますが、こんなもんなんですかね?。

今後テーマが揃うことに期待です!

スポンサーリンク

結果。iPhone5s民までなら使用可能。

恐らくiPhone6も小さめに表示されると思います。と考えると、現実的に使えるのはiPhone5sまで。

これからどう展開していくのかは不明ですが、僕はしばらくWinterBoardにお世話になろうと思いますw

最後までご覧いただきありがとうございました!

スポンサーリンク

シェアする



オススメ記事