iPhone6sのA9チップにあたりハズレがある!? 調べてみよう!

シェアする



URLをコピーする
iPhone6sのA9チップにあたりハズレがある!? 調べてみよう!
https://fwww7.com/2015/10/10/post-2269/

こんにちは。

約一週間ぶりの更新となってしまいました。RH@Gadgedです!

さて今回は、iPhone6sと6s Plusに搭載されているプロセッサ、A9チップにあたりハズレ的なものがあるみたいなので、どちらなのか調べる方法をご紹介します!

スポンサーリンク

なぜ「あたり」と「ハズレ」があるのか

A9プロセッサ

いままでのiPhoneに搭載されていたプロセッサといえばサムスン製があたりまえのような感じでしたが、iPhone6sと6s Plusに搭載されているプロセッサからサムスン製に加え、台湾TSMC製のプロセッサが搭載された端末も製品として流れているそう。

台湾TSMC製のほうが省電力

それで、どうやらサムスン製プロセッサに比べて台湾TSMC製のプロセッサのほうが省電力なようなんです。省電力といっても、普通に使っているぶんにはあまり変わりないみたいなんですが、プロセッサに負荷がかかるような動作をした時に30分?1時間くらいの差がでるとのこと。あとサムスン製のほうが3度くらいプラスで熱を持つという違い。

一概にどちらのプロセッサなのか判別できない

しかし、容量、カラー問わず結構ランダムに2種類のプロセッサを搭載した端末が販売されているということで、一概にモデル別でどちらのプロセッサが搭載されているのかが断言できないということ。

スポンサーリンク

じゃあ調べようじゃないか!

というわけで、どちらのプロセッサが搭載されたiPhone6sなのかを無料かつ安全に調べる方法があります!

では説明しながらゆきましょう。

調べるための無料アプリをインストール

ありがたいことに、AppStoreに判別するためのアプリがリリースされているので、それをインストールします。

こちら→Lirum Device Info Lite ? System Monitor?(リンクから、検索からでどちらでも結構です。)

Lirum Device Info Lite ? System Monitor

インストールできたら、さっそく開いてみましょう。

IMG_6732

HOME画面が表示されますが、たぶん無料版なのでいつ開いてもデカデカとした広告は表示されると思うので、サクっと消しておきましょう。

そうすると下のほうにiPhoneの情報が見れるようになっています。プロセッサに関する情報だけではなく、ストレージの状況なんかも見れるんですね。

プロセッサに関する情報は一番下。

IMG_6736

iPhone 6sの場合
・N71AP:Samsung製
・N71mAP:TSMC製

iPhone 6s Plusの場合
・N66AP:Samsung製
・N66mAP:TSMC製

と表示されるようになっています。僕のiPhone6s PlusではN66mAPと表示されているので、TSMC製であることがわかります。つまり省電力なほうのプロセッサ。やったー!

もちろんサムスン製であってもリコールなんてできない

仮に、iPhone6sに搭載されていたプロセッサがサムスン製であったとしてもリコール敵な感じでTSMC製のものに変えてもらうだなんてことは現時点で不可能。

可能性があるとすれば、アップルケアの保証範囲内で初期不良や破損した場合に適用される新品交換をしてもらうこと。でもランダムで出荷されているので必ずしも交換したiPhone6sにTSMC製のプロセッサが搭載されているとは限りません。

ですが今後、あまりにもパフォーマンスに差がでてきたりプロセッサの違いで不自由になるなどのケースがみられるとリコールにちかい措置をとることもありえるかもしれないです。

そこらへんの新しい情報に関しては、僕のメインブログにてお伝えします。

(Gadget LIFE Ver.2)

最後までご覧いただきありがとうございました!

スポンサーリンク

シェアする



URLをコピーする
iPhone6sのA9チップにあたりハズレがある!? 調べてみよう!
https://fwww7.com/2015/10/10/post-2269/

オススメ記事