iTunesでプレイリストからCDを作る方法!

こんにちは!

RH@Gadgetです。

さて、久々の更新となってしまいましたが今回は、iTunesでのCD作成についてです。

CDを作るなんてわからない!って感じの方も今日でその概念を捨てましょう!

本音をいうとiTunesに入っているミュージックや、好きなミュージックで構成されたプレイリストからCDを作るにはちょっとしたコツが必要です。なのでそこらへんも写真付きで説明していきますね。

iTunesでプレイリストを作る

ミュージックライブラリからそのままの状態でCDを作ることはできないのです。

そのため、一旦CD用にプレイリストを作る必要があるのでまずはそこから。

(あらかじめプレイリストを作成している方は不要。次のステップに進んでください)

ミュージックライブラリ上の作成したいアルバムのジャケットのうえで右クリックメニューを表示させ、選択した項目からプレイリストを作成をクリック。

iTunes プレイリスト

そうすると、プレイリスト欄にアルバムまるごとのプレイリストが作成されます。

これで準備は完了。

プレイリストからディスクを作成

あとは作成したプレイリストをCDにコピーするだけです。

iTunesのサイドバーにメニューが表示されていて、下の方のプレイリスト欄に作成したプレイリストがあると思います。そこのプレイリストをクリックしてから右クリックメニューでプレイリストからディスクを作成を選択。

ディスクを作成

そうするとこのような画面がでてきます。

iTunes CD

ここは特に変える必要はありません。

トラックの切り替わりのタイミングを変えたかったり、データ形式を変更したい場合のみ変更を加えましょう。

このままドライブに空の音楽用CDが入っていることを確認し、右下のディスクを作成をクリック。

iTunes CD書き込み

するとこんな感じでiTunes上部の欄に進行状況が表示されます。

だいたい一曲5分だとして、2分くらいで書き込みされます。

気長に待ちましょう。

書き込みが終了すると、iPhoneでお馴染みの通知音トライトーンがなって終了したことを知らせてくれます。

iTunesの画面にはトラックが表示されています。左上のジャケットがディスクマークになっていれば完了です!

スクリーンショット 2015-10-03 18.54.26

タイトルなどは任意のものを入れれたり、ジャケットも変更できたりします。

ちなみにジャケットの変え方ですが、トラックを全て選択し右クリックで情報を見るを選びます。

するとトラック情報を変更できるウィンドウが表示されるので、左から2番目のアットワークにいきます。

何も設定されていない場合は真っ白なので、パソコンやら外部メモリなんかからジャケットにしたい画像を空白にドラッグしてきます。

ジャケット 変更

すると、任意のジャケットが設定されました。

これで全工程の終了です。

意外と簡単な手順だったと思います。自分で好きなようにCDを作れたら楽しいですよね。

余談ですが、CD-RWのディスクだと、フォーマットして書き換えたりすることができるのでオススメです。

最後までご覧いただきありがとうございました!

関連記事