メインマシンにMacBook Airってどうなの? ?Mid2012 11inchの場合?

こんにちは。

RH@Gadgetです!

今回は、僕が普段使っているパソコンであり、メインマシンでもあるMacBook Airについて語っていきたいと思います。

スポンサーリンク

パソコンライフを素敵なものにしてくれるMacBook Air

MacBook Air

僕のMacBook Airのスペック

  • MacBook Air 11inch Mid2012
  • CPU:Intel Corei5 1.7GHz
  • メモリ:4GB 1600MHz DDR3
  • ストレージ:SSD128GB
  • グラフィック:Intel HD Graphics 4000 1024MB
  • OS X Mavericks 10.9.5(ダウングレード済み)
  • 購入日:2014年8月1日(某オークションで購入)

とまぁこんな感じです。そこまでスペックがずばぬけて高いわけでもなく、現在のMacBook Airにしてみれば一番安いモデルになっています。(Mid 2012の頃はSSD64GBが存在していたので当時は下から2番目って感じです)

現在はMacBook(12inch)が登場してそっちの方がモバイル思考ですが、それまでのMacBook Airといえば、とにかく軽くて使いやすい、バッテリーも長持ち。ノマドには超最適なマシンだったわけです。カッコいいし!

初期状態でもたくさんのアプリケーションが入っていることと、セキュリティも強いということも魅力のひとつです。

正直僕もいろんなカフェでノマドってます。

そもそもの購入にいたった経緯

ちょうど購入する1ヶ月ほど前、学校祭で流す動画の作成というか編集を依頼されたのですが、当時僕のメインマシンだったDynaBookはとても動画編集ができるようなスペックのものではありませんでした。

そしてこれを気にパソコンの買い換えを決意したわけなのですが、動画編集するにはそれなりのスペックが必要。でもノートブックでさえ高い。これが現実でした。その時はWindowsマシンを探していたのですが、ふとこう思いました。MacBook Airでできんじゃね?と。もちろんMacに強い憧れをいだいていたというのも理由にあります。

Macというとクリエイティブに強いという印象が前々から強く、今回の案件にピッタリじゃないか!ということで某オークションを眺めていたところ、程度の良い中古品が63,000円で出ていたので、ポチりました。それがこのMacBook Airというわけですね!

MacBook Airをメインマシンに

しかしメインマシンとしては少し不安もあった

とは言うものの、MacBook Airをサブ、WindowsのデスクトップPC、またはiMacやMacProをメインという方がたくさんいらっしゃるので、MacBook Airをメインマシンにしてよいものか。という不安もありました。

(学生なんかにMacBook Airがサブというのはお財布に優しくないから)

動画編集をするのですから尚更ですね。

でも意外といけるっぽいことも書いてあったのでもし厳しかったらそこまで的な感じでした。

少なくともそれまで使っていたCeleronノートよりは格段にハイですから(笑)

1年ちょっと使ってみてどうだったのか

購入してから1年が余裕で過ぎてますが、実際のところ・・・大満足です!

ちなみに僕的MacBook Airの使い方

  • ブログ更新
  • ネットサーフィン
  • 軽い動画編集
  • 画像作成/編集
  • 音楽編集
  • プレゼン作成
  • iPhoneの管理
  • Twitter
  • LINE
  • 動画鑑賞
  • 音楽鑑賞
  • 外出先で軽い作業

ざっとこんな感じですが、心配していたパワー不足もなく、非常に快適に使っております!

中古品ですが、パーツの劣化等もなく快調にうごいています。

このくらいの使い方であればMacBook Airでも定期的なリフレッシュ、データ整理をしていれば十分に使いこなせる範囲でしょう。

SSDは128GBと少ないですが、外付けのHDDにデータを逃したりしているので空きは確保できています、

あと、Macはソフトが少ないと思われがちですが、iOS同様、App StoreがMacにも付属しています。

そこから良質なたくさんのアプリケーションをインストールすることもでき、ネットからソフトを入れることもできます。

それでも物足りないという方は、標準で入っているBootCampやフュージョンなどの仮想環境アプリでMacでWindowsを動かすこともできます。

※ちなみに、Windows10もインストールすることができます。

そもそもPCへの考え方、使い方が変わった

MacBook Airを買ってからパソコンに対する考えが変わりました。

それまでの僕は、iPhoneでできないことをパソコンでやる、使ったら電源OFF。という使い方をしていました。

しかし現在では常に電源をつけています。そして、使いたい時に開いてつかう。iPhoneでネットをする機会が非常に減りました。iPhoneでできることもMacBook Airでやるようになりました。

きっとこれは買った人全員が口を揃えていうことでしょう。

使っていてもファンの音が大きいとか、熱くなるということもめったにありません。開いたらすぐ使える手軽さが一番のポイントです。

結果。MacBook Airはメインマシンとして使えます!

僕みたいなちょっとだけクリエイティブみたいな人にはメインマシンとして十分使えます!

SSDなので全体のスピードがそれなりに出てます。

さすがにプレミアで凝った編集とか、常にフォトショップ、エフェクト作業の分野の使い方の人には向いていませんが、普段はライトに。ちょっとだけクリエイティブ思考の人にはかなりオススメできるパソコンです。

あと初Macの人にも是非この素晴らしさを体感してもらいたいです。

用はないけど触りたい。そんな感覚になることでしょう。

少し長くなってしまいましたが、今回はこの辺で。

後々Macの使い方講座!みたいな感じで記事を書こうと思っているので楽しみにしていてください。

最後までご覧頂きありがとうございました!

スポンサーリンク

シェアする



URLをコピーする

関連記事