Xdomainのwordpressサイトをgzip圧縮させる方法を紹介ヾ(*´∀`*)ノ

シェアする



URLをコピーする
Xdomainのwordpressサイトをgzip圧縮させる方法を紹介ヾ(*´∀`*)ノ
https://fwww7.com/2015/06/25/post-1412/

こんにちは

IT大好きFwwwです

さっそくなのですが、今現在私が運営しているこのサイトはXdomainのレンタルサーバを使用しています。

Xdomainは無料でサーバを借りることができ、

ディスク容量が2GBで尚且つあのXサーバを運営している会社ですから、

とてもページの表示速度が早いのが売りになっています

しかし、.htaccessのディレクティブに利用制限がかかっております

なんと、その中にgzip圧縮を可能にするAddOutputFilterByTypeがあるのです

試しに、.htaccessにAddOutputFilterByTypeによる設定を加えるとInternal Server Errorを吐かれます

私がなぜここまでしてgzip圧縮したいかと言いますと、

Googleのサイト評価ツールPageSpeed Insughtsで圧縮を有効にするという項目で、

点数を大幅に減点されていたからです

ではここからはXdomainでgzip圧縮をして読み込む方法を紹介していきたいと思います

スポンサーリンク

Xdomainでgzip圧縮しページ表示速度を上げよう

どうやってgzip圧縮して読み込ませるのか

先程も言ったとおりXdomainはAddOutputFilterByTypeというディレクティブが使用できません

ですので、gzip圧縮をサーバ上でできません←\_(・ω・`)ココ重要!

ということは、発想を転換させて、自分のローカル環境で作った自作gzipファイルをFTPでサーバにアップして読み込ませればいいんじゃないかと私は思いました

※ファイルを読み込むためのディレクティブは制限されていないので使用できます

FTPとgzipに圧縮するソフトを導入しよう

まずはFTPソフトの定番であるFFFTPを導入する方法を解説していきます

窓の杜からFFFTPをダウンロードし、インストールしてください。

つぎにgzipに圧縮するソフトを導入します

今回使用するのはLhaplusです

まずは下記サイトからLhaplusをダウンロードしてください

こちらも普通にインストールして構いません

しかしgzip圧縮を可能にするには少し設定をいじる必要があるので、

次のようにしてください

まずはLhaplusのアイコンをダブルクリック

Lhaplus起動

そして画像の場所にある『関連付け/シェル』タブを開いてください

Lhaplus関連付けシェルタブを開く

最後に右下の[圧縮]のサブメニュー項目で下記のようにgzにチェックして適用してください

Lhaplus gz有効にする

これでLhaplusの初期設定は完了です

FFFTPでサイトのディレクトリを表示するための初期設定をしよう

先ほどインストールしたFFFTPを開いてください

そして新規ホストをクリックします

ホストの設定名は任意の名前を入力してください

ホスト名はXdomainのWordpressの管理パネルのサーバー基本情報にあります

これをコピーして貼り付けます

Xdomain ホスト名

次にユーザー名にはあなたのWordpressサイトのトップページのURLを入力してください

※もしhttp://があれば消してください

※末尾に/があれば消してください

そしてパスワードは管理パネルへのパスワードを入力してください

※Wordpressダッシュボードのパスワードではございません

あとはOKをクリックしてください

いま設定したサイトに接続します

『うまくいけば現在の暗号化の状態を保存しますか?』と聞かれますので、

迷わず『はい』をクリックします

そしていろいろ書かれた大きなダイアログが表示されますが、OKで進みます

無事にサイトにFTPを使用してアクセスできたはずです

初期設定はこれで完了です

実際にgzip圧縮をしてFTP経由でアップしよう

まずは、PageSpeed Insightsで自分のサイトを開きましょう

そして『圧縮を有効にする』の『詳細』を表示してください

gzipに圧縮しなければいけないファイルが最初はたくさんあると思います

どこにあるんだよって思いますよねw

実はこのような構造になっています

http://サイトのURL/FFFTPで開ける一番上のディレクトリ/….

となっています

ですので、FFFTPではサイトのURL以降のディレクトリが開けるようになっています

作業は地味ですが一つ一つのディレクトリに移動してデスクトップなどにドラック&ドロップしてダウンロードします

※/wp-content/cache以降のディレクトリはキャッシュファイルが格納されています

ここのファイルをgzipに圧縮するとレイアウトが崩れるのでいじらないでください

またなるべく.jsファイルもgzipに圧縮しないほうがいいと思います

デスクトップなどに保存したらgzipに圧縮したいファイルを右クリックし圧縮⇒.gzでgzipに圧縮できます

gzipに圧縮したファイルはダウンロードしたディレクトリにドラック&ドロップでアップしてください

※圧縮する前のファイルは消さないでください

一通り圧縮しアップしたらこれら.gzファイルを読み込む設定を.htaccessに設定します

XdomainのWordpress管理パネルで『ダッシュボードへ』左方の『設定』を開いてください

『各種管理設定』の『.htaccessの編集』を開きます

そして、現在.htaccessに記述されているものをすべて消してください

次に、下記コードをすべてコピーして貼り付けしてください

これを貼ったら『設定を保存する(確認)』をクリックします

そして、『設定を保存する(確定)』をクリックします

これで圧縮したファイルが読み込まれるようになります

試しにPageSpeed Insightsで確認してみるといいでしょう

私の場合は点数が大幅に上がり表示スピードも早くなりました

スポンサーリンク

シェアする



URLをコピーする
Xdomainのwordpressサイトをgzip圧縮させる方法を紹介ヾ(*´∀`*)ノ
https://fwww7.com/2015/06/25/post-1412/

オススメ記事