Twitterで動画を投稿できない4つの原因と解決策~iPhone・Android・PC・iPadで解説~

以前のSNSは画像やテキストの投稿が中心でした。しかし、最近はTikTokの人気に象徴されるように、動画の投稿がメインになりつつあります。

そんな中、Twitterで動画を投稿する機会も増えているでしょう。そして、同時に「投稿ができない」と悩む人も増えているかと思います。

ここではそのような悩みを解決するために「Twitterで動画を投稿できない原因」と、その対処法をまとめていきます。

この記事でわかること
  • Twitterの動画投稿ができない原因
  • 端末別の動画投稿のやり方
  • 動画データの確認方法

Twitterで動画を投稿できない4つの原因

スマホで悩む女性

時間・サイズなどの条件を満たしていない

Twitterで投稿できる動画には条件があります。主な条件は「時間・サイズ」です。

  • 時間…2分20秒(140秒)以内
  • サイズ…最大512MB

リスス

大きすぎる動画、長すぎる動画は投稿できないということですね

そして、時間・サイズ以外の条件も一覧にすると下記のようになります。

最小解像度 最小32×32
最大解像度 1920×1200(1200×1920も可)
縦横比 1:2.39~2.39:1
最大ビットレート 25Mbps
最大フレームレート 40fps

これらの条件を一つでも満たしていない場合、ツイッターでの投稿はできません。

ファイルがMP4・MOV以外

Twitterで投稿できる動画のファイル形式は、「MP4」か「MOV」のみです。例えば、下のようなファイルはアップできません。

  • AVI(.avi)
  • WMV(.wmv)
  • FLV(.flv)
  • MPEG-1(.mpg)
  • MPEG-2(.mpg)

最後の「mpg」は、MP4(.mp4)の昔のバージョンです。古いというだけでなく拡張子(ドットとアルファベット3文字で表すファイル形式)も異なっているので、Twitterの投稿には使えません。

MP4でも「映像・音声のコーデック」が違う

実は「MP4ならすべてのファイルが同じ形式」とは限りません。下のようなデータの違いがあるのです。

  • 映像コーデック
  • 音声コーデック

Twitterで投稿する動画は、これらのコーデックがそれぞれ下のような形式でなくてはなりません。

  • 映像コーデック…H264
  • 音声コーデック…AAC

それぞれの意味の説明は、リンク先の段落でしています。ここでは、実際に「コーデックが違うせいで投稿できない様子」を見てみましょう。

コーデックの違いで投稿できない

パソコンからやります。まず、パソコンでも投稿できる「MP4の動画」を探します。MP4の動画は「開く」の画面で、下のようにサムネイルが表示されます(MOVなど非対応の動画は表示されません)。

キャプチャ

ハムム

なぜか広瀬すずの放送事故動画ですが、気にしないでください。
弾かれる動画を探すのが意外と難しかったのです(大抵弾かれない)。

ティラティラ

MP4なら、このようにトリミング画面も問題なく表示されます(コーデックが違っていても)。↓

キャプチャ

そして、ツイートへの添付もできます。↓

キャプチャ

ところが、最後の最後で下の画像のように弾かれるのです。「このメディアファイルは互換性がありません」と書かれています。↓

キャプチャ

プロパティでコーデックを確認したが…

コーデックはどうなっているのだろうと思い、プロパティから確認してみました。しかし、下の画像のように両方「不明」です。

キャプチャ

  • オーディオコーデック
  • ビデオコーデック

上の2つの項目がどちらも「-」になっています。

表示されるとどうなるのか

ふわわ

実は、僕のパソコンでは表示されませんでした。

この原因はまだわからないのですが「問題なく投稿できる動画」でも、表示されません。本当は下のように表示されます。

表示された状態
参考 動画ファイルの「オーディオコーデック」と「ビデオコーデック」を確認する方法 (Windows7 /8/8.1/10)マウスコンピューター公式サイト

上の動画は「.wmv」なので、もともとTwitterに投稿できません。そのため、コーデックも違っていて当たり前なのですが、それぞれ下のようなコーデックになっています。

オーディオ Windows Media Audio
ビデオ Windows Media Video

Twitterに投稿するには、これがそれぞれ下のようになっていないといけないのです。

オーディオ H264
ビデオ AAC

H264とは

H264は、動画を圧縮する形式の1つです。パソコンを普段から使う人は「zip」や「lzh」と同じだと思うとわかりやすいでしょう。

圧縮はデータを小さくできて便利です。しかし「それを開く人が、それを解凍できないといけない」のです。解凍するためには「同じ圧縮形式を使っている」必要があります。

そうして「共通の圧縮形式」が広まっていくわけです。WordやExcelと同じですね。その形式の1つが「H264」です。

AACとは

AACは音声規格の1つです。特徴を箇条書きします。

  • M4A・M4Pの2種類がある
  • M4Pは著作権保護がなされている
  • そのため、テレビでも使われている(地デジ・BSデジタルなど)
  • M4Aは、iPhone・iPodなどのアップル製品の標準フォーマット(A=Apple)

ふわわ

…とまあ、少々難しいのですが、映像と音声がこれらの規格に合っていないと、MP4でもアップできません。

大抵の動画はアップできる

上のように難しく書いたものの、パソコンでも大抵の動画はアップできます。ランダムにCMの動画を2つYouTubeからダウンロードし、投稿してみました。

投稿できた画像

その結果が上の画像ですが、どちらも問題なく投稿できています。

投稿できなかった動画との違いは?

これは現在調査中ですが、著作権が関わっているのではないかと思われます。投稿できなかった広瀬すずさんの動画は、いわゆる「著作権違反コンテンツ」でした。

一方、投稿できたものは2つとも、大塚製薬・劇団四季がそれぞれ公式チャネルで配信していた動画です。つまり、著作権的に問題のないものです。

このため、もし「MP4なのに投稿できなかった」という場合は「著作権に違反していないか」をチェックしてみてください。違反動画でも投稿できるものはあるでしょう。しかし、普通の動画と比べると、違反動画の方が投稿しにくくなっているのではないかと思われます。

PCではMOVも不可

パソコン独特の原因として「MOVファイルなので投稿できない」というものがあります。

  • パソコン以外…MP4・MOVを投稿できる
  • パソコン…MP4しか投稿できない

上のように、パソコンだと対応ファイルが少なくなるわけです。

そもそもMOVファイルが見つからない

ツイートに動画を添付するとき、メールなどの添付ファイルと同じように、下のような画面でファイルを選びます。しかし、MOVファイルだと下の画像のように「そもそも表示されない」のです。

表示されない

ペギペギ

本当はこの「test」というフォルダに、スマホで撮影したMOVの動画が入っているのです

アヒルル

しかし、非対応なので表示すらされないわけですね。

表示はされないのですが、強引に添付する方法があります。画面下の「ファイル名」の部分に、直接「○○○.mov」というように打ち込んで「開く」を押せばいいのです。

添付しても拒絶される

上のように「強引に添付する」ことはできます。しかし、Twitterの側で弾かれます。下の画像のようになるのです。

投稿できない

書かれている文字は下の通りです。

この種類のファイルはまだ対応していません。代わりにGIF、動画、画像をアップロードしてください。

ちゃんと動画をアップロード(添付)したのですが、MOVは「動画とみなされていない」わけですね。

MP4でも投稿できないことがよくある

では、MP4ファイルなら投稿できるのかというと、これも弾かれることがしばしばあります。これは、先ほどの段落で解説した通りです。

【端末別】Twitterの動画投稿のやり方

スマホを使う女性

「Twitterの動画投稿ができない」というとき、そもそも「投稿の仕方をわかっていない」ということもあるでしょう。そのため、ここでは端末ごとに動画投稿のやり方を解説していきます。

iPhone

ツイッターアプリを起動

iPhoneでの手順1

まずはTwitterアプリを起動します。アプリでなくWebからやってもかまいません。どちらでもやり方は同じですが、アプリの方が操作しやすいです。

右下のツイートボタンを押す

iPhoneでの手順2

右下にある羽ペンのマーク(ツイートボタン)を押します。通常のつぶやきの操作と同じです。表示するツイートがないのは、このアカウントでまだつぶやいていないためです(本来はここに過去のツイートが並んでいます)。

ツイート画面下に、画像や動画が出てくる

iPhoneでの手順3

これはアプリかWebかで変わります。普通のWeb用でやる場合、これは出ない可能性があります。

アプリでは上の画像のように、左から「カメラ・ライブ」とアイコンが並んでいて、その右側に「iPhone内に保存している写真や動画」が表示されます。この中から投稿したい動画を選びます。

目当ての動画が出てくるまでスクロール

iPhoneでの手順4

カメラロール(ライブラリ)は右に続いているので、スクロールしていきます。上の画像の真ん中の動画をアップします(今回は)。

「動画の編集」画面で「完了」を押す

iPhoneでの手順5

動画を選択すると、上の画像のように「動画を編集」の画面になります。ここで長さなどを調整し、OKだったら右上の完了を押します。

ツイートに動画が添付される

iPhoneでの手順6

これでツイートに動画が添付され、上の画像のような状態になります。位置情報を追加したい場合は、ボタンを押して追加しましょう(上の画像では、筆者の自宅近くの個人店の店舗さんが表示されてしまったため、削除しています)

投稿完了

iPhoneでの手順7

投稿が完了すると、上のような画面になります。

Android

Android画面

Android(アンドロイド)でTwitterの動画を投稿する方法は、iPhoneの場合と同じです。どちらのアプリもTwitter社が提供しているものなので、画面のデザインやUIなど、大きな違いはありません。

ふわわ

ほぼ同じ画像と文章の連続になってしまうので、ここでは説明を割愛します。
上のiPhoneの説明を参考にしてみてください!

ティラティラ

iPad

iPadはiOS端末なので、操作方法は基本iPhoneと同じです。画面のイメージが異なるため、画面のキャプチャと簡単な説明をしていきます。

iPad1

まずアプリを開き、右下のツイートボタンを押します。

iPad2

ツイート画面の下の一番左にある「写真のアイコン」を押します。

iPad3

「すべての画像」というカメラロールが開かれます。

iPad4

投稿したい動画を選択すると「動画を編集」の画面になります。ここで右上の「完了」をタップします。

iPad5

上のようにツイートに添付されます。

iPad6

投稿が完了すると、上の画像のようになります。

PC(パソコン)

パソコンでも、Twitterの動画投稿のやり方はスマートフォン・タブレットとほぼ同じです。画像とともに簡単に説明していきます。

まず、どのページからでもいいので「ツイート」のボタンを押します。↓

パソコン

押すとこの画面になるので、左下の写真ボタンを押します。↓

パソコン

動画を選ぶ画面になります。↓

パソコン

上の画像にはありませんが、防弾少年団の動画を選択しました。すると、こうなります。↓

パソコン

これで再度「ツイート」のボタンを押すと、投稿が完了します。↓

パソコン

ハムム

…と、非常に簡単に見えるのですが、実はパソコンの投稿はなかなかうまくいきません

上の動画はTwitterからダウンロードしたものなので、そのままTwitterに返す(アップロードする)ことも簡単にできました。しかし、元からパソコンにある動画、スマホで撮影して転送した動画などは、アップロードできないことが多くあります。

動画のデータを確認する方法

確認すべきデータ一覧

確認すべきデータを一覧にすると、下の通りです。

  • ファイル形式
  • 時間
  • 長さ
  • 解像度
  • 縦横比
  • ビットレート(データ速度)
  • フレームレート(フレーム率)

これらのデータもすべて先に説明した数値の範囲内なら、Twitterで動画投稿ができるはずです。そのため、それぞれのデータの確認方法を解説していきます。

まずは上の4つのデータのうち「縦横比」以外の3つを確認する方法です。

Windowsならエクスプローラーで確認できる

データの確認方法”>

確認すべきデータは、Windowsでいつもファイルを開くときに使う「エクスプローラー」で見られます。上の画像のように、動画ファイルを選択すると、エクスプローラーの右側にデータが表示されるのです。

表示されるデータの一覧

データの確認方法

表示されるデータは上の画像の通りです。上から順番に書き出します。

  • ファイル名
  • ファイル形式
  • 長さ
  • サイズ
  • フレーム幅
  • フレーム高
  • 評価
  • 更新日時
  • 作成日時
  • フレーム率
  • データ速度
  • 総ビットレート

リスス

いらないデータがいくつか混ざってるね
はい。なので、必要なデータだけ書き出します。↓

ふわわ

  • ファイル形式
  • 長さ
  • サイズ
  • フレーム幅
  • フレーム高
  • フレーム率
  • データ速度
  • 総ビットレート

サンプル動画の場合のデータ

先ほどのサンプルの場合は、下のようなデータ・数値になっています。

ファイル形式 MOV
長さ 1秒
サイズ 397KB
フレーム幅 720
フレーム高 720
フレーム率 30.00フレーム/秒
データ速度 3245kbps
総ビットレート 3245kbps

Twitter投稿の条件

もう一度Twitter投稿での条件を一覧にすると、下の通りです。

時間 2分20秒以内
サイズ 512MB
最小解像度 最小32×32
最大解像度 1920×1200(1200×1920も可)
縦横比 1:2.39~2.39:1
最大ビットレート 25Mbps
最大フレームレート 40fps

カエルル

情報量が多くてよくわからない…
わかりやすいところから説明してきましょう

ふわわ

(クリックで各項目の解説にジャンプします)

時間

これは余裕でOKです。140秒までいいところを、サンプルでは「1秒」しか録画していません。

サイズ

これは、それぞれ下のようになっています。

  • Twitterのルール…512MB
  • サンプル動画…397KB

結論を書くと「100倍以上の差」です。MBはKBの100倍で、さらにその前の数字も「512」と「397」で、Twitterのルールまでかなり余裕があります(イメージとしては1500倍の違いです)。

解像度

これは「縦横の長さ」です。Twitterのルールは下の通りです。

  • 最小…32×32
  • 最大…1920×1200

「最大」の方は、縦横が逆でもOKです。

ハムム

最小の方は無視していいね
はい。これはわざと編集して作らない限りありえないので。「最大」の方だけ見ます

ふわわ

要は「1920・1200」の両方の数字を超えなければいいわけです。そして、サンプルは「720・720」となっています。縦横ともに問題なく収まっています。

縦横比

Twitterのルールは「1:2.39」です。簡単に「1:2.4」と考えるといいでしょう。これも縦横が逆になってかまいません。

縦横比はエクスプローラーには書かれていません。しかし、自分で計算してある程度出せます。

たとえばサンプルの「720:720」なら、言うまでもなく「1:1」です。基本的に「普通の動画の縦横比」なら、問題なくTwitterのルールに収まります。

ペギペギ

むしろ「収まらない縦横比」ってどんなの?
写真で表現すると、下のような感じです

ふわわ

音楽を聞く女性

上の画像は「1:2.4」の比率です。いわゆる「パノラマ写真」のような比率ですが、動画でこの比率は「普通ではありえない」ということがわかるでしょう。

ふわわ

ということで、縦横比はあまり気にしなくてOKです
最大ビットレート

これは比較すると下記のようになります。

  • Twitterのルール…25Mbps
  • サンプル…3245Kbps

数字だけみると「サンプル」の方が大きそうですが、重要なのは単位です。「Mbps」と「Kbps」ですが、これも「MはKの100倍」です。英語の授業で習う通り、それぞれ下記を意味します。

  • M…100万(ミリオン・メガ)
  • K…1000(キロ)

このように単位が違うわけですが、わかりやすく単位を外してみましょう。両方数字で書くと、下記のようになります。

Twitterのルール 25,000,000
サンプル 3,245,000

ペギペギ

確かに全然ちがうね
わかりやすく数字で書くと、2500万と324万です

ふわわ

なお、この「最大ビットレート」は、Windowsのエクスプローラーでは「データ速度」と表示されます。これは同じ意味で、ビットレートをわかりやすくいうと「データ速度」となるのです。

最大フレームレート

Twitterのルールでは「40fps」です。これは「40フレーム/秒」という意味です。

  • f…flame
  • p…per(/の意味)
  • s…second(秒)

これが「fps」の各文字の意味です。要は「1秒にフレームがいくつあるか」ということです。パラパラ漫画の絵が、1秒に何枚凝縮されているかということを意味します。

サンプルは「30.00フレーム/秒」ということで、Twitterのルールの4分の3です(40対30)。このため、問題なく投稿できます。

エクスプローラーでファイルの詳細情報を出す方法

上のように説明してきたものの「そもそも、エクスプローラーでファイルの詳細情報が出ない」という人もいるでしょう。下の画像のような状態です。

データの確認方法

これを下の画像のようにしたいわけですね。

データの確認方法

右側に詳細情報が表示されたのがわかるかと思います。このやり方を説明していきます。

画面左上「詳細ウィンドウ」をクリック

データの確認方法

エクスプローラの画面左上を見てください。上の画像のように「詳細ウィンドウ」という文字があるのがわかるでしょう。表示されていない場合は、さらに上の段の「ファイル」をクリックしてください。「

ファイル→詳細ウィンドウ」の順番でクリックします。「ファイル」は「ファイル・ホーム・共有・表示」という並びにあります。

右側に詳細ウィンドウが表示される

データの確認方法

クリックすると、これまで何もなかったエクスプローラの右側に、上の画像のように「フォルダの黄色いアイコン」が表示されます。こうなったら成功です。

ファイルを選択すると、自動的に詳細情報を表示

データの確認方法

この状態で動画ファイルを選択すると、上の画像のように詳細情報が自動的に表示されます。自動で表示するということは「多少エクスプローラが重くなる」というデメリットもあります。

ハムム

もちろん、今回は動画のデータを見たいだけですぐ終わるので、問題ありません。
もし「最近エクスプローラの動作が重いな」と思ったら、この詳細ウィンドウをなしにしましょう

ふわわ

このように詳細情報を出せば、先に説明したようにTwitterの動画投稿のルールに適合しているかをチェックできるということです。

まとめ

自撮りする女の子

以上、Twitterの動画投稿ができない原因と、対応方法をまとめてきました。

ハムム

正直、難しかったと思います
コーデックが表示されない部分は我々も解決できませんでした

ふわわ

パソコンもTwitterも、基本的にはみんな「わからないことだらけ」で使っているものです。『99%は仮説である』という有名なベストセラーがありますが、そこにも「飛行機が飛ぶ理由、全身麻酔が効く理由など、あらゆる大事なことがわかっていない」ことが書かれています。

「わからないままとりあえず進んでいく」のが人類の世界なので「コーデックのことがよくわからなくても投稿できた」ら、とりあえずOKと考えてください(今回はあえて投稿できないものを探してきましたが、合法な動画なら投稿できるものの方が多いはずです)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です