【2019年最新版】radikoが起動しない6つの原因と解決方法~iPhone・Android・root~

ふわわ

こんにちは!IT大好きFwww(ふわわ)です!
今日は「radikoが起動しない原因と解決策」を解説していきます!

リスス

昔、ラジオは「ラジカセで周波数を合わせる」という面倒なことをしなければ聴けませんでした。そもそも、ラジカセ自体が絶滅危惧種の現代、こんな原始的な作業をしたい人はいないですよね(そもそも、このやり方自体知らない人が増えたと思います)。

そんな中「スマホでラジオを聴ける」ようにしてくれたのがradikoというサービスです。これはとても便利で、僕も好きな番組を聴くために愛用しています。

しかし、そのradikoが「起動しない」というトラブルも多いんです。僕も何度か経験していますが、その経験から「起動しない理由と解決方法」を説明したいと思います。

以前の僕と同じように「radikoが起動しない」というトラブルで悩んでいる人には、きっと役立てていただけると思います!

この記事の要点
  • 一番簡単なのは「Webから聴く」こと
  • Webで好きな番組が聴けない場合は、以下の方法を試す
  • まず、radikoのバージョンを最新にする
  • 位置情報をオンにする
  • タスクを終了させる
  • iOS・Androidを最新バージョンにする
  • 機内モードのオンオフを繰り返す
  • 端末自体を再起動する

radiko(ラジコ)とは

ラジコ

最初にradiko(ラジコ)を知らない人のために「radikoとはどんなサービスか」を説明します。すでに知っている人は飛ばして、解決方法から読んでください。

スマホ・タブレット・PCでラジオを聴ける

Web

radikoは一言でいうと「ラジオなしでラジオが聴ける」サービスです。スマートフォンはもちろん、iPadのようなタブレット端末、パソコンにも対応しています(パソコンももちろん、ノートPC・デスクトップPC・スレートPCなどすべて対応です)。

「ラジオには興味があるけど、わざわざラジカセを買ったり、周波数を合わせたりするのが面倒」という人におすすめのサービスです。

タイムフリー…過去1週間以内の番組を聴ける

Web

radikoは「視聴する時間が自由」というのもメリット。過去1週間以内に放送された番組の大部分を聴けます(一部視聴できないものもあります)。

このため「仕事や用事があって聴けない」という時間帯の番組でも、問題なく聴くことができるのです。

エリアフリー…日本全体のラジオ局が聴き放題

Web

radikoのもう一つの特徴は「エリアフリー」ということ。日本全体どこにいても、スマホやタブレットの電波が届く限りは、どのラジオ局の番組でも聴くことができます。

たとえば北海道にいながら「FM那覇」などの番組も聴けるのです。もちろん、全国ネットの放送も聴けます。

【iPhone】radikoが起動しない6つの原因と対処法

まず、iPhoneでradiko(ラジコ)が起動しないケースでの解決方法を説明します。6つの方法がありますが、上から順に試していってください。

アプリを最新バージョンにアップデート

説明1

まず、ホーム画面から「App Store」のアイコンをタップし、上の画像のようなApp Storeを開きます。「いつもアプリをダウンロードするときの画面」です。

この右下に「アップロード」というボタンがあります。上の画像では「6」という数字が点灯しています。これを選択してください。

説明2

すると、上の画像に「まだアップデートされていないアプリ」が一覧で出ます。ここにradiko(ラジコ)が表示されていたら、それをアップデートしてください。

僕の場合はradikoはすでに最新だったので、上の画像には表示されていません。チャットワークやGoogleマップが表示されています。

ここにradikoが表示されていない場合は、radikoのバージョンが原因ではありません。次の方法を試してみてください。

位置情報サービスをオンにする

説明6

上の画面で、radikoの位置情報サービスをオンにします。上の画像では、下のようなメニューが並んでいます。

  • 位置情報
  • Siriと検索
  • 通知
  • Appnoバックグラウンド(更新)

この一番上の位置情報が「許可しない」になっています(上の画像では)。これを「許可する」に変更しましょう。これで起動する可能性があります。

なぜ位置情報サービスが関係するのか

ラジオはもともと「地域別」のものです。東京のラジオを大阪で聴けないように、もともと「位置・ロケーションありき」のサービスだったわけです。

そのため、radikoを適切に動かすためにも位置情報サービスが必要になります。なしでも、NHKなどの全国ネットのラジオは聴けることが多いものです。

しかし、それも視聴できない場合は位置情報サービスの問題の可能性があるため、こうして「許可する」わけです。

タスクを終了させる

説明13

iPhoneのホームボタン(本体真ん中の丸いボタン)を2回押すと、上の画像のように「バックグラウンド画面」になります(マルチタスク画面と呼ばれることもあります)。

上のように、今あなたのiPhoneが開いているアプリがすべて表示されます。この「radiko」を上にスワイプ(どける)して、終了させましょう。

それでも起動しない場合

それでも起動しない場合は、他のタスクもすべて終了させてみましょう。他のアプリが原因になっている可能性があるためです。

タスクを全部終了させて困ることはありません。iPhoneを動かすのに必要な機能はすべてiPhoneが勝手にバックグラウンドで動かしているためです。

iOSを最新バージョンに更新する

説明10

場合によっては、iPhoneのバージョン(iOSバージョン)自体が古い可能性もあります。他のアプリが起動しているので問題ないと思うかもしれませんが、radikoには適応していない可能性もあるということです。

また、仮に適応できるバージョンだったとしてもアップロードしたことが刺激になり、起動するようになるというパターンがしばしばあります。そのためのアップロードでもあります。

アップロードのやり方

まずホーム画面で「設定」のアプリをタップしてください。すると、下の画像のような画面になります。

説明8

一番上に「一般」とあるので、これを選択します。すると、下の画面になります。

説明9

メニューを書き出すと、下記のようになります。

  • 情報
  • ソフトウェア・アップデート
  • AirDrop
  • Handoff
  • Carplay
  • アクセシビリティ
  • iPhoneストレージ
  • Appのバックグラウンド更新

この二番目の「ソフトウェア・アップデート」をタップしてください。そうすると、この段落の最初でお見せした「ソフトウェア・アップデート」の画面になります。

最新バージョンのiOSでなければ、ここでダウンロード・インストールのボタンがあります。それをタップすれば最新バージョンに更新できます。

iOS端末を最新バージョンに更新するのは、ラジコが起動しない問題を解決するためだけでなく、iPhoneを使っていく上でどの道重要なことです。そのため、もし最新バージョンでなかったら、この機会に最新のものに更新しておいて下さい。

機内モードのオン・オフを繰り返す

説明12

iPhoneのホーム画面から「設定」のアイコンをタップすると、上の画像のような画面になります。「Apple ID設定を更新」の下に、「機内モード」があります。

これが通常はオフになっている(緑色でなく灰色になっている)のですが、それをオンにしましょう。そして、またオフにします。これをとりあえず1回やってみてください。

それでもダメなときはもう1回やってみます。iPhoneの反応が遅れているだけ、ということもあるためです。2回やってもダメなら、次のやり方に移ってください。

なぜ機内モードのオンオフで起動するのか

これは「通信機能が原因でラジコが起動していない」可能性があるためです。radikoはラジオのアプリなので「通信」が命です。その通信を一度遮断することで、復活する可能性があります。

機内モードでは、下のような通信機能がすべてオフにされます。

  • Wi-Fi
  • 位置情報サービス
  • Blue Tooth
  • GPS
  • 携帯電話ネットワーク(音声・データとも)

飛行機だと空の上なので、上記の通信はもともと利用できません(ファーストクラスなど一部のケースは例外ですが)。それに合わせたモードにするということです。

iPhone自体を再起動する

再起動

これはどんなアプリが起動しない場合でも定番の解決方法ですが、iPhone自体を再起動します。いつものように電源ボタン長押しで、上の画像のようなシャットダウンの画面を出し、また電源長押しで起動する、という方法でかまいません。

なお、上記の方法はiPhone8までのバージョンのものです。iPhoneX以降は、下のやり方になります。

iPhoneX以降の場合

下の手順で最初から再起動ができます。

  1. サイドボタンと音量調節ボタンを同時に長押し
  2. スライダが表示される
  3. スライダをドラッグして、電源を切る
  4. 電源が切れたら、サイドボタンを長押し
原理としてはiPhone8までと同じなのですが、iPhoneX以降の方が「音量ボタンも同時に押す」ということで、少々面倒になっている印象です。

※参考…iPhone、iPad、iPod touch を再起動する(Apple公式サイト)

【Android】ラジコが使えない時の5つの解決方法

iPhoneの次はAndroidでの原因と解決方法について解説していきます。基本的にはiPhoneと同じですが、操作方法が異なるので、その点を中心に説明します。

なお、ここでは僕のAndroidである「ASUS・ZenFone」で説明しています。機種やメーカーが異なれば多少の違いがあるので、その点は理解して下さい。

radikoのバージョンを確認・更新する

Android

まず、radikoのバージョンを確認してください。やり方としては、最初に上の画像のようにradikoを開きます。そして、右上の三本線のアイコンをタップしてください。

Android

すると、上の画像のようにradikoのメニュー画面になります。これを下の方にスクロールしていくと「アプリ情報」という項目があります。それを選択してください。

Android

すると、上の画像のようにradikoのアプリ情報が出ます。上の画像では「Version:7.01」となっています。この記事は2019年3月28日に書いていますが、「Last Updated」も2019年3月20日と、最新のものです。

もし最新でない場合はアップデートし、最新のものにします。使っているAndroidのバージョンに元から対応していたとしても、こうしてアップデートすることで「バグがリセットされる」ことが多いのです。

マルチタスクでradikoを終了させる

Android

マルチタスク画面から、radikoを強制終了させます。まず、上の画像を見てください。Androidのホーム画面ですが、右下に長方形が2つ重なったアイコンが見えるでしょう。ホームのアイコンの右にあるものです。

これをタップすると、下の画像のように「マルチタスク」の画面になります。

Android

iPhoneの説明のときと同様、今開かれているアプリが一覧になります。radikoも開かれているわけですが、これを閉じればいいわけです。右上に×マークがあるので、それをタップします。

こうしてradikoを強制終了することで、一時的なエラーも一緒に消滅し、次に立ち上げると起動することが多くなります。もしそれでもダメなら、他のアプリも全部閉じてみてください(他のアプリが原因で起動していない可能性もあるためです)。

位置情報を許可(リクエストに加える)

Android

まず、上の画像のようなホーム画面から「設定」のグレーのアイコンをタップします。すると、下のような画面になります。

Android

上の画像はある程度スクロールしていったものですが、「ユーザー設定」という段落に「位置情報・セキュリティ」などのメニューがあります。

これはエイスースのZenFoneのものなので、機種によっては多少メニューが違うこともあるでしょう。しかし、おおむねこのようなメニューがあるはずです。

この中の「位置情報」を選択してください。

Android

すると、上の画像のように「位置情報」のメニューが開かれます。上の画像では「ON」になって、ボタンが青色に点灯しています。もしこれがOFFだったら、ONにしてください。

オンオフを繰り返すのもあり

オンとオフを繰り返すことで、アプリの動作に刺激が加わり、それで起動することもあります。他の方法も試してみてダメだったら、これも試してみるといいでしょう。

(この「オンオフの繰り返し」は、機内モードなどでも有効です)

※参考…Android端末で地域判定(青い画面)からアプリが起動しない(radiko公式サイト・ヘルプ)

機内モードのON・OFFを連続させる

Android

これはiPhoneでも共通するやり方ですが、機内モードのオン・オフを繰り返すというのも有効な方法です。機内モードではすべての通信機能がオフになるため、radikoへの通信も遮断されます。

一度通信を遮断し、再度接続することで「リフレッシュして起動する」という可能性があるのです。ある意味「通信部分だけの再起動」ともいえるでしょう。

Android端末で機内モードにするには、「サイドボタン・音量ボタン(下げる方)」を同時押しします。これで上にあげたような画像の画面が出て、「機内モード」というメニューがあります。それを選択するだけでOKです。

Android自体を再起動する

これは機内モードと同じく、サイドボタンと音量ボタンの同時長押しで行います。普段の再起動と同じ動作なので、特に説明しなくても大丈夫でしょう。

radikoに限らず、Androidアプリが起動しないときは「本体の再起動」で直ることがしばしばあります。とりあえず「迷ったら再起動」と覚えておくといいでしょう。

radikoが起動しない場合は、WEBサイトから聴ける

イヤホンをする女性

スマホを使っていると、あらゆるサービスをアプリで使うことが多くなります。中高生などは「アプリが起動しないと、そのサービスは使えない」と思っているかもしれません。

ゲームなどではそういうサービスも多いのですが、radikoはもともとホームページがあり、そちらでサービスを提供しているものです。そのため、アプリで視聴できなければ、WEBサイトで直接視聴すればいいのです。

スマートフォンの場合

まず、SafariやGoogle Chromeなどの「インターネットを見るアプリ」を開いてください。そこでURLの欄に「radiko.jp」と入力します。普通に「radiko」や「ラジコ」で検索してもかまいません。

そうして、検索で出てきたラジコのWEBサイトをタップすると、下のような画面になります。これはWEBサイトなので、iPhoneで開いてもアンドロイドで開いても同じです。

Web

スマホの位置情報をオンにしていれば、「お住いの地域の番組を見る」というボタンを選択することで、下の画像のように番組の一覧が出ます。僕は愛知県なので、CBCラジオのつぼイノリオの番組や、東海ラジオのタクマ・神野三枝さんの番組などが表示されています。

Web

この説明を見て「Web版だとその地域の番組しか聴けないのか?」と思った人もいるかもしれません。これは大丈夫です。NHKなど全国向けのラジオ番組も聴けます。

Web

上の画像を見てください。放送大学やNHKのカルチャーラジオ、同じくNHKの選抜高校野球大会などの番組があるでしょう。選抜はNHK名古屋となっていますが、他の地域でも「NHK札幌」などと出て、その最寄りのNHKからの放送が聴けるようになっています。

実際、上の画像には「NHK東京」のmiwaのミューズノートという番組があります。シンガーソングライターのmiwaさんの番組です。僕は愛知県ですがNHK東京がこうして聴けるので「Web版でも全国対応」といえます。

PC(パソコン)の場合

パソコン版

パソコンの場合も、流れはスマートフォンと同じです。まず、ラジコ公式サイト(radiko.jp)にアクセスして下さい。すると、上の画像のような画面になります。

パソコン版

あとは見たい番組を選択するだけです。たとえば横浜のbayfm78を選択すると、この時間帯はANNAさんによる「miracle!!」という番組がやっていました。

上の画像に「再生する」という青いボタンがありますが、これをクリックしてください。

パソコン版

すると、上の画像のように再生が始まります。先ほどまでの「再生する」のボタンが「停止する」に変わっているのがわかるでしょう。また、画面下部には音量などを調整するボタンが出ています。

パソコンでもこのように大部分の番組を視聴できます。もしスマートフォンなどのモバイル端末からWebを開くのが面倒ということであれば、パソコンで見ると操作しやすいでしょう(基本的にWebの操作はパソコンの方が便利なものです。画面が大きいので)。

radikoが起動しない原因はroot?

女性とスマホ

radiko(ラジコ)が動作しない理由の1つに「root」があります。この詳細と対策について見ていきましょう。

root取得端末ではradikoが使えない

radikoは「rootを取得する端末」では使えません。これはラジオの著作権を保護するためです。

このため、root取得端末でradikoを起動しようとしても「地域判定中」のメッセージのあとで、終了してしまいます。このような端末については、機種によっては「何とかradikoを見る方法」もあるかもしれません。

しかし、基本的にはこの状態からそのまま起動しません。rootを取得する端末の場合「radikoは聴けないこともある」ということです。

そもそも、Android・iPhoneに非対応のアプリも多い

要は「root端末ならradikoを諦める」ということになりますが、これは珍しいことではありません。アプリによっては「Android非対応・iPhone非対応」ということもよくあるためです。国や自治体が提供するアプリでも「Androidだけ対応」ということがしばしばあります。

このような理由から「root取得端末ならあきらめるしかない」というのは、radikoに限った話ではないのです。この場合はインターネットの「radiko.jp」から視聴するといいでしょう。

root関連アプリがあったら削除する

スマートフォンの端末自体はrootを取得していなくても、rootを取得するアプリがあったら、それが原因でradikoが起動しないことがあります。この場合は、そのアプリを削除します。

原因のアプリを探す方法

これは「1つ消して、radikoが起動するか確かめる」という動作を繰り返すことになります。もしくは下のような考え方・やり方でもいいでしょう。

  • 最近ダウンロードしたアプリから順番に消していく
  • 心当たりのあるアプリがあれば、それらから消していく
  • 「無いと困る」アプリ以外は全部消す

僕としては、最後の「ないと困るもの以外全部削除」がおすすめです。スマホは放っておくとどんどんアプリが増えてしまい、メモリ容量も圧迫されてしまいます。radikoが起動しないだけでなく、動作が重くなるなどさまざまな問題が起きるということです。

このため、これをいい機会だと思い、余計なアプリをすべて消すことをおすすめします。こうすれば「1つ消して確かめる」という動作を繰り返す必要がないので、radikoを起動できるのも早くなるでしょう(その分、どのアプリが原因だったのかはわからなくなりますが)。

まとめ

音楽を聞く女性

以上、「radikoが起動しない」という原因や、その対処法について解説してきました。「ラジオは斜陽産業」といわれるようになって久しいものですが、radikoによってスマホでいつでもどこでも聴けるようになったことで、リスナーが増えてきている印象があります。

途中で紹介した「Webから聴く」という方法を使えば大抵解決します。もしアプリがどうしても起動しないのであれば、Webから聴くようにしてください。

radikoが起動しない問題で悩んでいる方は、お気軽にご質問ください!

ペギペギ

コメント欄から質問していただければ、必ずお返事させていただきます♪
何でも気軽に聞いてください!

ふわわ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です