Web制作をもっと楽にするブラウザ「Blisk」が超便利

シェアする



どうも、ライターをやらせていただくことになった「Chikuwa」と申します。

今回は、Web制作をもっと楽にするブラウザ「Blisk」の紹介です。

スポンサーリンク

「Blisk」で出来ること

Web制作を便利にするブラウザ「Blisk」の機能は以下の通りです。

  • スマホプレビューとPCプレビューを横並びで確認
  • PC、スマホプレビュー表示のスクロールが同期される
  • 様々な機種をワンタッチで切り替えられる
  • ローカルファイルの編集を感知して自動で反映

対応OSは、WindowsはもちろんMac OSにも対応しています。(Linux版は現在開発中とのこと)

「Blisk」は、ChromeやOperaと同じレンダリングエンジンである「Blink」を採用しているため動作の確認も問題なく行えます。

ブラウザのUIや、開発者ツールのUIもChromeとほぼ同じになっているためChromeユーザーであればすぐに使いこなせると思います。

(日本語には対応していません。)

インストール及び、ダウンロードはこちらから。

スポンサーリンク

「Blisk」の便利な機能

それでは、個々の便利な機能を詳しく紹介します。

スマホプレビューとPCプレビューを横並びで確認

まず起動すると写真のように右側がPCプレビュー、左側がスマホプレビューと同時に確認できます。

BliskスマホプレビューとPCプレビュー

PCプレビューとスマホプレビューが同一画面で確認できるというのは、かなり便利だと思います。

今までは、PC表示を確認したあと開発者ツールを起動し…というステップを踏まなければスマホプレビューが出来ない上、PCプレビューと同時に確認するにはウィンドウを分割し…とかなり手間がかかります。

しかし、この「Blisk」を使えば簡単にスマホプレビューとPCプレビューを横並びで確認出来るんです!

PC、スマホプレビュー表示のスクロールが同期される

この機能もかなり便利です。

スマホプレビューをスクロールすると、PCプレビューも同じ位置にスクロールされることで、PCプレビューとスマホプレビューを同時に同じ位置を確認できます!!

もちろん、PCプレビューをスクロールすると、スマホプレビューも同じ位置にスクロールされます。

多少の遅延やカクつきはあるものの問題なく使える機能だと思います。

スクロール位置を同期

様々な機種をワンタッチで切り替えられる

この「Blisk」ではワンタッチでスマホプレビューの機種を切り替えることが出来ます。

下のGifでは収まりきりませんでしたが、スマホだけではなくタブレットのプレビューもできるようになっています。

スマホプレビュー機種切り替え

記事執筆時点の最新バージョンでは、以下の端末でプレビューすることが出来ました。

スマホ

  • iPhone 4
  • iPhone 5
  • iPhone 6
  • iPhone 6 Plus
  • Nokia N9
  • Samsung Galaxy S3
  • Samsung Galaxy S4
  • Google Nexus 4
  • Google Nexus 6

タブレット端末

  • iPad mini
  • iPad Air Retina
  • Google Nexus 7
  • Google Nexus 10

ローカルファイルの編集を感知して自動で反映

GruntやGulpを使わなくても、設定を済ませればローカルファイルの変更を感知し自動で反映(リロード)してくれます。

まず、設定するには右上の設定ボタンボタンを押します。

設定ボタン

次に開いた設定画面で写真の様に設定し保存すれば完了です。

設定

この状態で、監視対象のファイルを変更すると下のGif動画の様に即座に反映されます。

編集を検知して即座に反映

この機能を使えば、わざわざファイルを編集する度にリロードボタンを押す手間が省けて便利です。

まとめ

以上大きな機能の紹介でしたが、「Blisk」はまだBeta版ということで更に機能が追加されるということです。

Web制作を便利にするブラウザ「Blisk」の紹介でした。

スポンサーリンク

シェアする



オススメ記事