忘れがちなパスワードをスマホで簡単管理!Dashlaneが便利です

シェアする



こんにちは!

ライターのRH@Gadgetです。

まさか2日連続で記事を書く時間を確保できる血は思っていませんでしたw

本日も安定の図書館からお送りいたします。

今日の内容は、ネットサービスなどで使うパスワードをスマホでまとめて管理する方法です!

パスワードというのは量産するとついつい忘れがちになったり、どれとあてはめればよいのかもわからなくなったりしませんか?

同じにすると万が一知られると全滅ですからね?。

パスワードをいちいちメモするのは止めてスマートに一括管理しましょう!

スポンサーリンク

Dashlaneが便利!

今日Twitterのタイムラインを眺めていたら、たまたま広告として表示されたのが「Dashlane」というアプリ。

なかなか興味深かったので、早速ダウンロードしてみました。

アカウントを作成しなければいけないようですね。

Daslane

最初の手順として、強固なパスワードを入力します。

条件として、

  • 小文字1文字
  • 大文字1文字
  • 数字1文字
  • 8文字

という感じ。

この条件をすべてクリアして、強固なパスワードを作ることができます。

これが、マスターパスワードになるみたいです。

Daslane アカウント

次に、メールアドレスを入力すれば一応使える状態になります。

このメールアドレスがDashlane上でのアカウント要素になります。

次にコンピュータと連動する項目になりますが、必須ではないですが。

スマホとは別でサービスを使っているというユーザはなかなか便利ですね?。

Daslane 連動

「コンピュータを使用中」に進むと、パソコンで指定されたURLに飛び、ワンタイムパスワード的なものを入力します。

ですがここでは使う必要が無いので右上のスキップを。

ここからそれぞれのパスワードを入力することになります。

Daslane パスワード

Facebook、アマゾン、Twitterなどなど有名ドコロのサービスには一応対応しています。

大抵メールアドレス必須なので、一緒に入力しておきましょう!

ちなみにTwitterの入力画面はこんな感じで。

Daslane Twitter

初期設定完了後は、起動時にマスターパスワードを入力すればアプリに入れます。

アプリ内のデータは、高度な個人情報として保護されているのでサーバにアップロードするようなことはないので安心できます!

また、パスワードの管理だけではなくクレジット等による支払い情報の管理や連絡先の管理もできてしまう優れものなんです。

きちっとパスワードで管理されているので、機密的な情報の管理に最適ですね。

以下、公式サイトです。

公式サイトを見てもらえるとなんとなく伝わってきますが、海外製サービスです。

一応無料版とプレミアム版が用意されていますが、個人的には無料版で十分だと思います。

プレミアムになると、自動バックアップ機能がついたりパソコンとの連携に優れたりするみたいですが。

スポンサーリンク

余談。パスワードを生成してくれるサイト

パスワードを決めるときにサービスに寄って条件が異なって面倒だったり、個人的なボキャブラリーが少なくなったりするという場面に遭遇することもあるかと。

そんな人向けに条件を入力するだけでパスワードを自動的に生成してくれるサイトが有るんです!

その名もパスワード生成(作成)ツールです。もうそのまーんまの名前ですが。

お好みのパスワードを生成(自動作成)することができるツールです。
文字数は2~40文字まで、個数は最大1,000個まで生成できます。

との説明書きがあります。

興味のある方は是非チェックしてみてください!

以下、サイトです。

最後までご覧いただきありがとうございました!

スポンサーリンク

シェアする



オススメ記事