[初心者必見]Simplicityで404エラーページを簡単にカスタマイズしてみた

シェアする



どうもIT大好きFwwwです

WordPressをお使いのみなさんは現在何のテーマを使用していますか?

僕はわいひら様のSimplicityを使用しています

以前は高価でSEOに強いという賢威を使用していましたがデザインに懲りすぎて、

ページの読み込みが遅くなり「シンプル+SEO」を求めたところ再びSimplicityに戻ってきたという感じです

私自身もびっくりしてるのですが、Simplicityに変更してもSEOの面で差はほとんどないです笑

それに、HTMLのバリデーションエラーも0になっているからです

なので当分このSimplicityを使わせていただきます

今回はSimplicityで404エラーページを簡単にカスタマイズしようということですが、

今回は記事を書くような感覚で簡単にカスタマイズする方法をご紹介させていただきます

スポンサーリンク

?Simplicityで404エラーページを簡単にカスタマイズして少しでも回遊率、SEOを高めよう

404エラーページとは

簡単に言えばアクセスしたページにコンテンツが存在しないことです

404エラーが発生する原因は、”記事の削除や内部リンク切れ、パーマリンクの変更に伴った旧リンク、存在しないページにアクセスする”などです

これらのページにアクセスするとSimplicityではこのように404エラーページに進みます

Simplicityの404エラページ

このように404エラーを訪問者に伝えることは非常に大切なことです

ですが、考えてみてください

404エラーページにたどり着いた訪問者は次にどのような行動を取ると思いますか?

もちろん殆どの場合がサイト離脱です

それにサイトの信頼性も失ってしまいます

なので404エラーページをカスタマイズしてサイトの回遊率を少しでもアップさせてみようじゃないかというのが今回の本題でございます

404エラーに関する豆知識

今回僕がSimplicityの404エラーページをカスタマイズするきっかけができたのは、

サーチコンソールの「クロール⇒クロールエラー」で、たくさんの「見つかりませんでした(404エラー)」が発見されていたからです

サーチコンソール 404エラー

この数字を見たら誰でも焦ると思います

もちろん僕も焦りました笑

これらの404エラーページが存在するというのは、訪問者の方にとても申し訳ない気持ちでいっぱいです

それにインデックスもされていたのでGoogleのURL削除ツールで404エラーページを削除していました

すると次のような情報を手にすることができました

404を返す古いページのようなエラーを取り除くためにURL削除ツールを使うことを私たちは勧めていない。(コンテンツが返ってきたり、そのページへのリンクを発見したりした場合は)404エラーページをクロールし続ける。しかし通常は、最終的にはだんだんとクロールしなくなっていく

これを見て僕はすぐにインデックスから削除依頼をキャンセルしました

本来404エラーページというのは、

存在しないURLにユーザーがアクセスしてしまった時に、彼らに、既にページが存在しないことを伝え、目的のページを見つける方法を提案してあげること。

なので削除する必要はないのです

もしできるなら、リンクを修正することも大事です

そしてGoogleは有益な404エラーページを次のように定義しています

  • ユーザーに対して探しているページが見つからないことを明確に伝えること
  • 404ページのデザインをサイトのその他のページのデザインと同一にすること
  • 人気のある記事や投稿へのリンク、トップページへのリンクを追加すること
  • ウェブサーバーが404HTTPステータスコードを返すことを確認すること

このようにすれば404エラーページでもクローラーがサイト内を巡回しやすくSEOにも期待できるというわけです

記事を書く感覚で404エラーページを簡単にカスタマイズしてみよう

「404エラーページのカスタマイズ難しいのでは?」と思っていませんか?

実はHTMLやPHPの知識は殆どいりません

なぜならいつも使用している投稿画面でその型を作成することができるからです

404エラーページで必要なことは、

  • コンテンツが存在しないことを訪問者に伝えること
  • トップページや人気記事、カテゴリのリンクを貼り探していたページへたどり着けるように誘導すること

実際に僕もこの指示にしたがって作成しました

参考にどうぞ

404エラーページ

それでは、作成方法を紹介していきたいと思います

1,記事投稿画面で型を作る

404エラーページ作成

上記のように記事投稿画面で404エラーページの型を作ってください

2,テキストを丸ごとコピーする

今回は記事を投稿するわけではないので、1で作成した型のコードをコピーする必要があります

ビジュアルではなくテキストで型を全部コピーしてやってください

ビジュアルではなくテキスト

3,404.phpにコピーした型を貼り付け少しだけカスタマイズ

「外観⇒テーマの編集」に移動して一番上の404.phpをクリックします

404.phpに移動

404.phpは次のようになっているので、

先ほどコピーした型を

を消して貼り付けしてください!

そして

という部分を

に変更してください

この「ページが存在しません」というのは、記事タイトルの場所に表示されます

僕は「ページが存在しません」ではなく、「404エラー お探しのコンテンツまたはページは見つかりませんでした」と変更しております

ここはあなたが好きなようにカスタマイズしてください

スポンサーリンク

まとめ

万が一404.phpに作成した型を貼り付けても、気に入らない場合は①からやり直せばできます

アドセンスを404エラーページに広告を張っていたらポリシー違反になるそうです

なのでサイドバーなどに表示されている場合は、Dynamic Widgetsというプラグインで404エラーページに表示されないように分岐させると良いですよ

また、僕のようにbody-inとmainの間にアドセンスを張っている特別な場合は次のようなPHPコードで対処してください

上記のコードは404エラーページの場合だけアドセンスを表示させないものです

お疲れ様でした!!

スポンサーリンク

シェアする



オススメ記事

コメント

  1. […] [初心者必見]Simplicityで404エラーページを簡単にカスタマイズしてみた […]